株価予想

8053 住友商事

2024年5月23日 株価
始値
4,050
高値
4,094
安値
4,007
終値
4,091
出来高
3,982,100
8053住友商事のチャート
オシレータ分析 トレンド分析 予想レンジ
オシレータ分析 中立 トレンド分析 上昇
予想高値
4,300
予想安値
3,900

8053 住友商事の投資戦略

8053 住友商事の株価は、オシレーター系指標では中立圏で推移しています。トレンド系指標は上昇トレンド継続中で、押し目買いゾーンです。オシレータ系指標は「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」を示すテクニカル指標の総称です。一定の範囲で動くため振り子系指標とも呼ばれます。RSIやストキャスティクスが代表的です。トレンドフォロー系指標は、株価が上がり続けると指標も上がり、下がり続けると指標も下がるタイプです。移動平均やMACDが代表的です。

8053 住友商事のテクニカル売買シグナル

株式売買シグナルが点灯しています。このページ下部のオシレーター分析、トレンド分析、チャート分析でご確認ください。オシレーター分析、チャート分析では変化点をキャッチした日に売り買いサインが点灯、トレンド分析では現在の方向を矢印で示します。

8053 住友商事の関連ニュース

  • 2024/05/02 14:42
    【決算】24年3月期の当期利益は31.7%減 25年3月期は37.2%増を計画
    住友商事の2024年3月期の当期利益は31.7%減の3863億円となった。マダガスカルニッケル事業の減損損失や資源価格下落などが影響した。

    2025年3月期は37.2%増の5300億円、年間配当125円→130円を計画する。資源ビジネスは、前期に好調だったガストレード事業の反動や石炭価格の下落で減益となるも、非資源ビジネスは着実な利益成長を見込む。

    また、発行済み株式総数1.6%(1900万株)を自社株買い。取得価額は500億円。取得期間は2024年5月7日~2024年7月19日。
  • 2024/02/05 17:12
    【決算】24年3月期Q3の純利益は13%減の4041億円 通期は11.6%減の5000億円を計画
  • 2024/01/11 07:00
    国産バイオ燃料量産へ年100万トン
    住友商事は、2025年をメドに、国産バイオ燃料の量産を始める。東京大学などと連携して実証プラントを稼働させ、27年に間伐材やサトウキビの残さを使って量産を始める。将来的に最大年約100万トンの量産を目指す。

    住商は、脱炭素社会の実現に向け、バイオ燃料の普及に取り組んでいる。バイオ燃料は、化石燃料と比べて二酸化炭素排出量を抑えることができる。現在のバイオディーゼル燃料は廃食油由来で粘度が高く、エンジンなどに不具合を起こす可能性が高いとされる。今回、住商は、東京大学の協力を得て、間伐材やサトウキビの残さなど、国内で豊富に存在するバイオマスを原料としたバイオ燃料の製造技術を開発した。

    実証プラントは、米ソラリアント・キャピタルと連携し種子島に建設する。年間約1万トンのバイオ燃料を製造し、バスやトラックなどの車両燃料として利用する。量産プラントは、実証プラントの成果を踏まえて、国内各地に建設する予定。
  • 2023/11/02 16:55
    【上方修正】当期利益4800億円→5000億円 配当120円→125円
  • 2023/10/25 10:32
    東北大学と黄リンのリサイクル製造に向け共同研究
    住友商事は、半導体の原料となる黄リンのリサイクル製造に向け、東北大学と共同研究契約を締結した。黄リンは、半導体の製造に欠かせない原料である。しかし、黄リンの採掘には、環境への負荷が懸念されている。一方、半導体の需要は急増しており、黄リンの安定供給が課題となっている。今回の共同研究では、東北大学が開発した、スラグ、廃酸、下水汚泥焼却灰などの未利用リン資源から回収したリン酸を原料に、黄リンを製造する技術を住友商事が実用化する。

    住友商事と東北大学は、複数回の実証実験を通じ、製造技術の確立および商業プラントの設計・開発を行う。経済産業省から半導体の安定供給の確保に係る取組として認定を受け、事業費用の一部助成が決定した。住友商事は、2020年代後半の国内製造商業生産開始を計画しており、将来的には国内需要のおよそ3割を担うことを目標としている。
  • 2023/08/01 10:30
    核融合発電で商用プラント化のための協業
    住友商事は、核融合ベンチャー英トカマク・エナジーと、核融合エネルギーの社会実装に向けた協業契約を締結した。トカマク・エナジーは、民間の核融合ベンチャーで、累計調達金額は2.5億ドル(約350億円)と、世界でも注目されている企業。自社で核融合炉そのものを構築することを目指しており、核融合炉の中でも磁力を使って燃料を閉じ込める「トカマク型」と呼ばれるタイプの核融合炉の開発を進めている。

    核融合反応を実現するには、燃料となる重水素をプラズマ状態にした上で1億度以上に加熱する必要があり、トカマク・エナジーは、世界で初めて「プラズマ温度1億度」を達成した。トカマク・エナジーでは2030年代後半に商業化を目指しており、2026年に建設完了を目指したパイロットプラント「ST80-HTS」の計画を進めている。(5801)古河電気工業は、高温超電導線材を数年にわたり供給する契約を締結している。

オシレータ分析

中立

オシレータ系指標は、相場の強弱動向を表した指標で、日々の市場の値動きから、株価の水準とは無関係に売り・買いを探ります。
売買シグナルは 内にまたはで表示されます。

RSI 9日 25.48 RCI 9日 -55
13日 -72.53
ボリンジャーバンド +2σ 4349.5
-2σ 3332.06
ストキャススロー S%D 62.99
%D 29.16
ストキャスファースト %K 3.81
%D 29.16
ボリュームレシオ 14日 51.16
移動平均乖離率 25日 1.34 サイコロジカル 12日 41.67

トレンド分析

上昇

トレンド系指標は、相場の方向性・強さを判断する指標で、中長期の分析・予測に使われます。トレンド転換時は内にまたはで表示されます。現在のトレンドはまたはで表示されます。

DMI MACD ゴールデンクロス
5日移動平均(位置) 5日移動平均(向き) 25日移動平均(位置)
25日移動平均(向き) パラボリック

チャート分析

酒田五法

酒田五法や一目均衡表などローソク足変化シグナル(当日示現のみ)は、内にまたはで表示されます。独自のHAL指数で高値圏、安値圏を判定し、実戦的なシグナルです。

十字足 はらみ十字 上ひげ・下ひげ
出会い線 三点童子 三点童子(安値・高値)
包み足 赤三兵・黒三兵 並び赤・並び黒
明けの明星・宵の明星 三役好転・三役逆転 雲上抜け・下抜け
転換線上抜け・下抜け 遅行線上抜け・下抜け 五陽連・五陰連

株式情報更新 (5月24日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方