株価予想

8058 三菱商事

2020年7月3日 株価
始値
2,280
高値
2,283
安値
2,243
終値
2,256
出来高
2,600,500
8058三菱商事のチャート
オシレータ分析 トレンド分析 予想レンジ
オシレータ分析 中立 トレンド分析 下降
予想高値
2,400
予想安値
2,100

8058 三菱商事の投資戦略

8058 三菱商事の株価は、オシレーター系指標では中立圏で推移しています。トレンド系指標は下降トレンド継続中で、戻り売りゾーンです。オシレータ系指標は「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」を示すテクニカル指標の総称です。一定の範囲で動くため振り子系指標とも呼ばれます。RSIやストキャスティクスが代表的です。トレンドフォロー系指標は、株価が上がり続けると指標も上がり、下がり続けると指標も下がるタイプです。移動平均やMACDが代表的です。

8058 三菱商事のテクニカル売買シグナル

株式売買シグナルが点灯しています。このページ下部のオシレーター分析、トレンド分析、チャート分析でご確認ください。オシレーター分析、チャート分析では変化点をキャッチした日に売り買いサインが点灯、トレンド分析では現在の方向を矢印で示します。

8058 三菱商事の関連ニュース

  • 2020/05/08 14:28
    【決算】20年3月期当期利益は9.4%減 21年3月期は未定も132円から134円への増配を計画
    三菱商事の2020年3月期当期利益は9.4%減の5353億円となった。通期は12%減の5200億円を計画しており、計画を153億円上回った。石油化学事業で取引数量が減少、豪州原料炭事業で市況下落や生産コストが上昇、原油デリバティブ取引関連の損失などから減益となった。

    主なセグメント別純利益では、金属資源は豪州原料炭事業の収益減少や海外精錬事業での減損損失計上などで15.9%減の2123億円、天然ガスはLNG関連事業における持分利益の減少や北米シェールガス事業における一過性損失などで21.3%減の703億円、自動車・モビリティは三菱自動車への投資の減損損失やアジア自動車事業の利益減少などで79.8%減の196億円となった。

    2021年3月期の業績予想は未定としている。新型コロナウイルスの影響などが見極め可能となった段階で、打ち手及びその効果を勘案の上、公表するとしている。なお、年間配当は132円から134円への増配を計画する。

    三菱商事の株価は101円高の2329.5円で推移している。
  • 2020/05/01 14:08
    【自社株買い】自社株買いを終了 1億935万株・3000億円を取得 6.6%の消却を実施
    三菱商事は、2020年5月1日、2019年5月9日の決議に基づく自己株式の取得を終了したと発表した。取得した株式数は1億935万株・3000億円となっている。

    三菱商事は発行済み株式総数の7.5%(1億2000万株)の自社株買いを実施。取得額は3000億円。取得期間は2019年5月10日~2020年5月8日としていた。

    また、発行済み株式総数の6.6%(1億435万株)の自己株式消却を実施。消却日は5月29日としている。

    三菱商事の株価は75円安の2225円で推移している。
  • 2020/04/01 14:04
    【自社株買い】自社株買い進捗 3月は717万株・174億円を取得
    三菱商事の自社株買い進捗。2020年3月1日~2020年3月31日は717万株・174億円を取得した。自社株買いの累計は1億35万株・2802億円となっている。

    三菱商事は発行済み株式総数の7.5%(1億2000万株)の自社株買いを実施。取得額は3000億円。取得期間は2019年5月10日~2020年5月8日。

    三菱商事の株価は69.5円安の2222円で推移している。
  • 2020/03/30 11:09
    【注目銘柄】三菱商事とALSOK FM事業で資本業務提携
    三菱商事と綜合警備保障(ALSOK)は、2020年3月30日、ファシリティマネジメント(FM)事業で資本業務提携したと発表した。三菱商事がALSOKの連結子会社であるALSOK双栄の株式33.4%を取得。海外では三菱商事70%、ALSOK30%出資の合弁会社を設立し、タイ市場を皮切りに東南アジア市場へ進出をはかる。事業開始は2020年4月1日。

    三菱商事の総合力や海外ネットワークとALSOKのFMオペレーション力や警備ノウハウを融合し、国内や東南アジアで省エネやビル・施設のスマート化、セキュリティなどのサービスを総合的に展開する。

    三菱商事の株価は126円安の2335円、綜合警備保障の株価は20円安の5410円で推移している。
  • 2020/03/12 15:58
    【注目銘柄】三菱商事と代替ペプチドの開発・製造・販売を行う合弁会社を設立
    ペプチドリームは、2020年3月12日、三菱商事と細胞治療・再生医療等製品の製造等に使用される細胞培養向け培地の重要成分である成長因子を代替するペプチドの開発・製造・販売を行う合弁会社ぺプチグロースを設立すると発表した。出資比率はペプチドリームが39.5%、三菱商事が60.5%。

    ペプチドリームの創薬開発プラットフォームシステム「PDPS」を用いて、iPS細胞などの幹細胞を神経細胞や血液細胞等へと分化誘導させる重要な役割を担うタンパク質である成長因子と同等の機能を有する代替ペプチドを新規に同定し、動物血清や遺伝子組み換え技術を用いない、将来的には完全ゼノフリー培地の実現にも資する化学合成品として、代替ペプチドの開発を進めるとしている。2年後をめどに最初の製品発売を目指す。

    ペプチドリームの株価は100円安の3995円、三菱商事の株価は72円安の2349.5円で推移している。
  • 2020/03/02 14:10
    【自社株買い】自社株買い進捗 2月は664万株・188億円を取得
    三菱商事の自社株買い進捗。2020年2月1日~2020年2月29日は664万株・188億円を取得した。自社株買いの累計は9317万株・2628億円となっている。

    三菱商事は発行済み株式総数の7.5%(1億2000万株)の自社株買いを実施。取得額は3000億円。取得期間は2019年5月10日~2020年5月8日。

    三菱商事の株価は19円安の2671円で推移している。
  • 2020/02/05 14:16
    【決算】4-12月期四半期利益は15.6%減 金属資源・天然ガス・自動車などが減益
    三菱商事の2020年3月期第3四半期(4-12月)の四半期利益は15.6%減の3733億円となった。通期は12%減の5200億円を計画しており、進捗率は71%となっている。石油化学事業で取引数量が減少、豪州原料炭事業で市況下落や生産コストが上昇、原油デリバティブ取引関連の損失などから減益となった。

    主なセグメント別純利益では、金属資源は豪州原料炭事業の市況下落や生産コスト上昇などで29%減の1163億円、天然ガスはLNG関連事業における持分利益の減少などで17%減の652億円、自動車・モビリティは三菱自動車工業やアジア自動車事業の利益減少などで42%減の407億円となった。

    三菱商事の株価は56.5円高の2871円で推移している。
  • 2020/02/03 14:34
    【自社株買い】自社株買い進捗 1月は703万株・202億円を取得
    三菱商事の自社株買い進捗。2020年1月1日から1月31日は703万株・202億円を取得した。自社株買いの累計は8653万株・2439億円となっている。

    三菱商事は発行済み株式総数の7.5%(1億2000万株)の自社株買いを実施。取得額は3000億円。取得期間は2019年5月10日~2020年5月8日。

    三菱商事の株価は17.5円安の2805.5円で推移している。
  • 2019/12/20 14:58
    【注目銘柄】オランダHEREへ共同出資し、3割を取得へ
    三菱商事とNTTは、2019年12月20日、オランダのHEREへ共同出資すると発表した。出資比率50%:50%の持ち株会社を設立し、HEREの3割の株式を取得する。

    HEREはカーナビゲーションや自動運転車向けの位置情報システムや高精度地図を提供している。また、高精度地図や位置データを基盤に物流や交通情報、ルート案内などのサービス起点でのソリューションを強化している。

    三菱商事の株価は13円安の2919円、NTTの株価は69円安の2602円で推移している。
  • 2019/12/16 17:07
    【注目銘柄】ネットとリアルを融合した新たな消費体験を創出へ
    KDDI、三菱商事、ローソンなどは、2019年12月16日、ネットとリアルを融合した新たな消費体験の創造に向けた取り組みに合意したと発表した。KDDIはローソンと資本業務提携も行いローソン株の2.1%を取得する。

    2020年5月以降にポイントを「Ponta」に統一し、会員基盤を国内最大級の1億超とする。加盟店でPontaポイントの蓄積とau PAYの利用を促進する。また、データや金融サービスを絡めた次世代コンビニサービスを展開。ID連携でパーソナライズを軸としたマーケティングやコンビニ来店者向けサブスクリプション型サービス、ロボティクス無人受取機などによる購買体験の実現などを創出する。

    KDDIの株価は4円安の3214円、ローソンは290円高の6290円、三菱商事は21円安の2924円で推移している。
  • 2019/12/03 16:28
    【注目銘柄】米ペンシルベニア州の天然ガス焚火力発電プロジェクト権益の25%を売却
    米国ペンシルベニア州の天然ガス焚火力発電プロジェクト権益50%のうち25%を九州電力に売却する。譲渡持分数は約6200万ドル(約67億円)。実行は2019年11月27日。

    三菱商事の株価は28.5円安の2879円で推移している。
  • 2019/11/26 08:32
    【注目銘柄】欧州総合エネルギーのEneco入札で優先交渉権 約5000億円で買収へ
    三菱商事と中部電力は、2019年11月25日、欧州の総合エネルギー事業を展開するEnecoの売却入札で優先交渉権を獲得したと発表した。今後は株式売買契約を締結し、三菱商事と中部電力が共同で設立した新会社を通じて最大100%の株式を約5000億円で買収する予定。

    Enecoは、オランダ、ベルギー、ドイツの3か国を中心に再生可能エネルギーを中核とした発電事業、電力・ガストレーディング事業などを展開している。三菱商事と中部電力は、欧州及び欧州外での再生エネルギー開発を加速し、持続可能な社会構築への貢献を目指す。

    三菱商事の株価は29.5円高の2918.5円、中部電力の株価は横ばいの1530.5円で推移している。
  • 2019/11/06 14:08
    【下方修正】当期利益を13%下方修正するも、株価は上昇
    三菱商事は当期利益を6000億円から5200億円と13%下方修正した。豪州原料炭事業、自動車関連事業、LNG関連事業などを中心に巡航利益が減少する見込み。また、原油デリバティブ取引関連の損失を計上し、減益となる見通し。

    三菱商事の株価は64円高の2804円で推移している。

オシレータ分析

中立

オシレータ系指標は、相場の強弱動向を表した指標で、日々の市場の値動きから、株価の水準とは無関係に売り・買いを探ります。
売買シグナルは 内にまたはで表示されます。

RSI 9日 32.16 RCI 9日 -70.42
13日 -89.7
ボリンジャーバンド +2σ 2568.28
-2σ 2135.32
ストキャススロー S%D 10.64
%D 11.63
ストキャスファースト %K 26.44
%D 11.63
ボリュームレシオ 14日 31.74
移動平均乖離率 25日 -5.18 サイコロジカル 12日 33.33

トレンド分析

下降

トレンド系指標は、相場の方向性・強さを判断する指標で、中長期の分析・予測に使われます。トレンド転換時は内にまたはで表示されます。現在のトレンドはまたはで表示されます。

DMI MACD ゴールデンクロス
5日移動平均(位置) 5日移動平均(向き) 25日移動平均(位置)
25日移動平均(向き) パラボリック

チャート分析

酒田五法

酒田五法や一目均衡表などローソク足変化シグナル(当日示現のみ)は、内にまたはで表示されます。独自のHAL指数で高値圏、安値圏を判定し、実戦的なシグナルです。

十字足 はらみ十字 上ひげ・下ひげ
出会い線 三点童子 三点童子(安値・高値)
包み足 赤三兵・黒三兵 並び赤・並び黒
明けの明星・宵の明星 三役好転・三役逆転 雲上抜け・下抜け
転換線上抜け・下抜け 遅行線上抜け・下抜け 五陽連・五陰連

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方