株テーマ:ファイザーの関連銘柄

●米ファイザーの新型コロナワクチンを21年6月末までに6000万人分供給で基本合意。ファイザーは日本でも160人を対象に2020年10月に治験を開始した。ファイザーは、数万人規模で行っている新型コロナワクチンの最終治験で、90%以上の有効性が認められたと発表し、11月中にも緊急使用許可を申請する見込みとなった。英国では2020年12月2日に承認された。

●ファイザーは最終治験で、ワクチンの有効性が95%に達したと発表し、近日中に緊急使用許可を申請する見込みとなった。治験には4万4000人が参加し、170例が新型コロナに感染したが、162例は偽薬を投与した参加者で、ワクチン投与者は8例のみだった。重症者は10例でワクチン投与者は1例だけだった。FDA(米食品医薬品局)は12月8日から10日にワクチン諮問委員会を開き、審議する見通し。

●2020年11月20日、ファイザーは、FDAに新型コロナワクチンの緊急使用許可を申請した。日本政府は2021年6月までに、ファイザーから1億2000万回分(6000万人分)の供給を受けることで合意している。ワクチンは21日後に2回目を投与しなければ効力を発揮しないため、マイナス70度以下の超低温管理が課題となっている。日本国内で、10月から160人を対象に、第1相・第2相の治験を開始している。2020年12月18日には日本で製造販売承認を申請した。最優先で審査される見込み。

●2021年2月10日、ファイザーとワクチンを共同開発した独ビオンテックはワクチンの製造を開始した。ファイザーと合わせて2021年中に20億回分を生産する計画。

●2021年2月17日、国内承認されたファイザーワクチンの先行接種が始まった。EUが1回分を12ユーロで購入することから、日本の購入価格は1500円から2000円と見られている。

●2021年2月25日、河野担当相はファイザーとの交渉が進展し、高齢者向け新型コロナワクチンを6月中に自治体へ配送すると表明した。ファイザーはこれまでマイナス75度前後で保存とする条件を、マイナス20度前後で②週間保存と、条件を緩和した。


●ドライアイス
ファイザーは超低温でワクチンを運べるスーツケース大のコンテナを開発したが、コンテナには大量のドライアイスが必要で、ドライアイスは世界的に供給不足のようだ。ドライアイスメーカーで上場会社系は、エア・ウォーター炭酸株式会社と昭和電工ガスプロダクツ株式会社、日本酸素HDの大陽日酸が大株主の日本液炭株式会社など。大阪ガス系列の長岡炭酸も21年4月までに製造設備を導入する。ドライアイスの原料は液化炭酸ガスで、日本液炭は液化炭酸ガスとドライアイス合計で1日350トン製造するために、60億円を投資する。

●ワクチン輸送
ファイザーワクチンの国内輸送は、ヤマト HD、セイノー HDと独DHLが担う。

ファイザー 関連銘柄

ファイザー 関連テーマ

新型コロナワクチン
アストラゼネカ アンジェス CDMO(ワクチン製造受託) 新型コロナワクチン開発 ファイザー ワクチン生産緊急整備

株式情報更新 (3月4日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方