株テーマ:日本eスポーツ連合の関連銘柄

eスポーツの市場が拡大している。有名企業が大会に協賛する例が相次ぎ、将来の顧客となる若年層の取り込みにいそしむ。乱立していた日本eスポーツ協会、e-sports促進機構、日本eスポーツ連盟が合併し、新たに日本eスポーツ連合としてスタートしており、eスポーツがアジア競技大会のみならずオリンピックの正式種目に採用されることを視野に入れている。経産省も産業への経済効果だけでなく、様々な社会的意義を内包しているとし、活性化のための検討会を発足させた。

2018年時点の国内市場規模は48億円に過ぎないが、2022年には100億円に達する見込みで、世界市場は22億ドル規模へ拡大するという試算もある。「ゲーミングパソコン」の売上が増加するなど、すでに目に見える効果が出ているが、トヨタが本格参入を表明、日本サッカー協会がeスポーツ日本代表を新設するなど、裾野が拡がっている。eスポーツ競技大会の普及や選手の育成、プロライセンスの発行などを行う。

ライセンス認定タイトルは2018年6月1日現在、コナミ「ウイニングイレブン2018」、カプコン「ストリートファイター」、ガンホー「パズドラ」、セガ「ぷよぷよ」、ミクシィ「モンスターストライク」や、ソニーのプレステ用ソフト「コール オブ デューティ ワールドウォー」がある。このあたりがeスポーツ関連株として意識される。

日本eスポーツ連合 関連銘柄

日本eスポーツ連合 関連テーマ

eスポーツ関連株
eスポーツ eスポーツゲーム eスポーツプロリーグ ゲーミングパソコン eスポーツ施設 日本eスポーツ連合 Mリーグ(麻雀)

株式情報更新 (10月18日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方