株価予想

3765 ガンホー・オンライン・エンターテイメント

3765ガンホー・オンライン・エンターテイメントのチャート
オシレータ分析 トレンド分析 予想レンジ
オシレータ分析 中立 トレンド分析 上昇
予想高値
2,900
予想安値
1,900

3765 ガンホー・オンライン・エンターテイメントの投資戦略

3765 ガンホー・オンライン・エンターテイメントの株価は、オシレーター系指標では中立圏で推移しています。トレンド系指標は上昇トレンド継続中で、押し目買いゾーンです。オシレータ系指標は「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」を示すテクニカル指標の総称です。一定の範囲で動くため振り子系指標とも呼ばれます。RSIやストキャスティクスが代表的です。トレンドフォロー系指標は、株価が上がり続けると指標も上がり、下がり続けると指標も下がるタイプです。移動平均やMACDが代表的です。

3765 ガンホー・オンライン・エンターテイメントの関連ニュース

  • 2019/08/20 08:04
    【注目銘柄】カプコンと共同開発のスマホゲーム「TEPPEN」が全世界累計200万ダウンロードを突破
  • 2019/08/08 19:29
    【決算】中間期経常利益は67.7%増の205億円 「ラグナロク マスターズ」「TEPPEN」の配信開始
    ガンホー・オンライン・エンターテイメントの中間期経常利益は67.7%増の205億円となった。「パズドラ」はゲーム内容の改善や5月に「ガンホーフェスティバル2019」開催などイベントを実施。新規ゲームでは、6月に日本で「ラグナロク マスターズ」の配信開始。7月4日にカプコンと共同開発のスマホ向けカードゲーム「TEPPEN」を北米・欧州で配信開始。8月3日に累計100万ダウンロードを突破した。8月8日からアジア・日本へのサービスも開始した。

    ガンホーの株価は19円高の2795円で推移している。
  • 2019/05/28 10:22
    【注目銘柄】「ラグナロク マスターズ」 日本で2019年にサービス開始を決定
    ガンホー・オンライン・エンターテイメントは、2019年5月27日、スマホゲームのオンラインRPG「ラグナロク マスターズ」の日本国内サービスを2019年に開始すると発表した。「ラグナロク マスターズ」は、全世界で2400万ダウンロードを突破している。開始日については後日改めてお知らせするとしている。

    ガンホーの株価は25円安の320円で推移している。
  • 2019/05/14 09:44
    【注目銘柄】スマホゲーム「ラグナロクM」の逆輸入期待で逆行高
    ガンホーの2019年12月期の第1四半期にあたる1-3月売上は60.2%増の350億円、営業利益は2倍の130億円、純利益は2.1倍の84億円と、復調が著しい。主力ゲームの「パズドラ」はサービス開始から7年を経過したが、有名キャラクターとのコラボやダンジョンの追加、7周年イベント「パズドラ感謝祭」が成功した。2017年3月に中国に投入したスマホゲーム「ラグナロクM」は東南アジアでサービスを開始し、1月から北米・南米・オセアニアにでもサービスを開始した。

    これにより運営子会社のグラビティの貢献度が上がっている。「ラグナロクM」は2019年内を目標に日本での配信準備を進めており、国内での成功が今後のカギとなる。全体相場は波乱となりそうだが、景況感に左右されないゲーム関連だけに、一本釣りで上昇する場面も想定できそうだ。ガンホーの株価は43円高の384円。
  • 2019/05/13 15:58
    【決算】1-3月の経常利益は2倍超に 「パズドラ7周年」や「Ragnarok M」が収益貢献
    ガンホー・オンライン・エンターテイメントの2019年12月期1-3月の経常利益は108.7%増の130億円となった。「パズドラ」の7周年記念イベントが奏功し堅調に推移。「Ragnarok M」は18年10月より東南アジア地域でサービス開始。19年1月から北米・南米・オセアニアでもサービス開始。1-3月に新たに収益貢献した。

    また、「Ragnarok M」の日本でのサービス開始は2019年内を予定し、配信準備を行っている。

    ガンホー・オンライン・エンターテイメントの株価は2円安の341円で推移している。
  • 2019/03/19 17:27
    【注目銘柄】「LET TI DIE」が全世界で500万ダウンロードを突破
    ガンホー・オンライン・エンターテインメントは、2019年3月18日、サバイバルアクションゲーム「LET IT DIE」が全世界累計で500万ダウンロードを突破したと発表した。2016年12月に北米・欧州で配信を開始。2017年2月に日本及びアジアでも配信を開始。グローバルにサービスを提供しており、2019年2月に全世界累計で500万ダウンロードを突破した。

    「LET IT DIE」は、変動し続けるバルブの塔を舞台に、装備やアイテムを駆使し、敵を倒しきるかというサバイバルアクションゲーム。
  • 2019/02/01 17:38
    【決算】18年12月期の経常利益は22.4%減の266億円 50億円の自社株買い枠も設定
    2018年12月期の売上高は0.2%減の921億円、経常利益は22.4%減の266億円だった。

    「パズル&ドラゴンズ」では、長期的に遊ぶことを主眼に、新ダンジョンの追加やゲーム内容の改善、他社有名キャラクターとのコラボイベントなどを実施。2019年1月に国内累計5100万ダウンロードを突破した。

    新規ゲームでは、「妖怪ウォッチ ワールド」「クロノマギア」など新作スマートフォン向けゲームの配信を開始。連結子会社のGRAVITY Co.Ltdでは、2018年3月から「Ragnarok M」を韓国で配信開始。10月からは東南アジア、2019年1月からは北米・南米・オセアニアでも配信を開始している。

    また、3月22日に10株を1株に併合する株式併合を実施。50億円の自社株買い枠も設定した。
  • 2018/11/08 17:16
    【注目銘柄】パズドラが国内累計5000万ダウンロードを突破
    ガンホー・オンライン・エンターテイメントは、2018年11月7日、パズルRPG「パズル&ドラゴンズ」が国内累計5000万ダウンロードを突破したと発表した。

オシレータ分析

中立

オシレータ系指標は、相場の強弱動向を表した指標で、日々の市場の値動きから、株価の水準とは無関係に売り・買いを探ります。
売買シグナルは 内にまたはで表示されます。

RSI 9日 66.55 RCI 9日 60
13日 3.85
ボリンジャーバンド +2σ 3122.62
-2σ 2084.34
ストキャススロー S%D 24.65
%D 50.66
ストキャスファースト %K 100
%D 50.66
ボリュームレシオ 14日 53.48
移動平均乖離率 25日 2.02 サイコロジカル 12日 50

トレンド分析

上昇

トレンド系指標は、相場の方向性・強さを判断する指標で、中長期の分析・予測に使われます。トレンド転換時は内にまたはで表示されます。現在のトレンドはまたはで表示されます。

DMI MACD ゴールデンクロス
5日移動平均(位置) 5日移動平均(向き) 25日移動平均(位置)
25日移動平均(向き) パラボリック

チャート分析

酒田五法

酒田五法や一目均衡表などローソク足変化シグナル(当日示現のみ)は、内にまたはで表示されます。独自のHAL指数で高値圏、安値圏を判定し、実戦的なシグナルです。

十字足 はらみ十字 上ひげ・下ひげ
出会い線 三点童子 三点童子(安値・高値)
包み足 赤三兵・黒三兵 並び赤・並び黒
明けの明星・宵の明星 三役好転・三役逆転 雲上抜け・下抜け
転換線上抜け・下抜け 遅行線上抜け・下抜け 五陽連・五陰連

株価予想

この銘柄の株価は

上がる 下がる

予想株価

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方