株テーマ:宅配サービスの関連銘柄

ネット通販の急増で、ヤマト運輸が時間帯指定を見直すなど、働き方改革に乗り出した。ヤマト運輸の1月の小口貨物取扱実績は、宅急便が1億3984万9757個(前年同月比9.7%増)、今期累計は15億7775万2344個(8.4%増)と好調な数字だが、取扱量の増加は再配達負担など、セールスドライバーに過度な負担を強いていた。フルタイムで働くセールスドライバーは、再配達などでサービス残業が常態化しており、複数の支店で労働基準監督署から是正勧告を受けたこともある。

これを機会に全社で未払い調査を徹底し、最大で過去2年分の未払い分を3月給与に上乗せして支給する方針のようだ。営業所の事務職員などを含めると対象社員は7万6000人に及び、支払総額は数百億円規模となる見込み。遠州トラックはアマゾンから受注した幹線輸送が本格化。ファイズはアマゾンジャパンへの売上高が約70%を占めている。丸和運輸機関はアマゾンの当日配送サービスを業務委託されている。

物流中堅企業は大手のように値上げしないケースが多いが、センコーは企業間運送費を2018年4月から最大10%値上げする。数十億円の増収分は運転手の給与引き上げなどに充当する。センコーは2017年度に240億円を投じて物流倉庫を新設したが、今後はトラック運転手の採用を強化する。

セイノー HDのセブン専用宅配会社「GENie(ジーニー)」は、セブンイレブンのコンビニから最短30分で商品を届ける宅配サービスを受け持つ。ジーニーはこれまで買い物弱者のための買い物代行サービスを行っており、スタッフは軽バンを扱いやすい20台から40台の女性が多い。自宅で注文を受け付ける場合もあり、個人配送事業者よりも質が高いと言われている。

宅配サービス 関連銘柄

宅配サービス 関連テーマ

物流(スマート物流サービス)
3PL アマゾン 宅配ボックス 宅配サービス フィジカルインターネット フェリー

株式情報更新 (4月21日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方