株テーマ:感染症:インフルから新型ウイルス コロナウイルス(COVID、SARS、MERS)の関連銘柄

2002年11月16日、中国広東省で発生したSARS(重症急性呼吸器症候群)は、新型のコロナウイルスが原因と突き止められた。32の地域と国にわたり8000人を超える症例が報告され、致死率は9.6%とされた。2003年3月12日にWTOが「世界規模の健康上の脅威」と注意喚起し、本格的な調査を開始、7月5日に終息宣言が発せられた。

中東呼吸器症候群(MERS)は、2012年に初めて確認されたウイルス性の感染症で、原因となるウイルスはMERSコロナウイルス。主な症状は、発熱、せき、息切れなどで、高齢者や糖尿病、慢性肺疾患、免疫不全などの基礎疾患のある人は重症化する傾向がある。現在、MERSに対するワクチンや特異的な治療法はない。韓国では2015年6月に25人が感染し、2人が死亡した。世界の20カ国以上で1154人の患者が確認され、少なくとも431人が死亡した。致死率は約4割に上る。

・重症急性呼吸器症候群(SARS)
・中東呼吸器症候群(MERS)
・COVID-19

2019年12月には中国の武漢市で原因不明の肺炎が発生し、WHOは2020年1月9日に新型のコロナウィルスが肺炎患者から検出されたと発表した。1月11日には新型コロナウイルスによる初めての死者が出たと中国保健当局が発表した。これまで確認された患者のうち一人が死亡、二人が退院、7人が重体とされている。1月20日には、中国の専門家が新型コロナウイルスの人から人への感染を確認し、WHOは1月31日に非常事態宣言を発表した。

・2020-02-25 中国感染者77658人、死者2663人(国家衛生健康委員会)
・2020-02-24 中国感染者77150人、死者2592人(国家衛生健康委員会)
・2020-02-23 中国感染者76936人、死者2442人(国家衛生健康委員会)
・2020-02-22 中国感染者76288人、死者2345人(国家衛生健康委員会)
・2020-02-21 中国感染者75465人、死者2236人(国家衛生健康委員会)
・2020-02-20 中国感染者74576人、死者2118人(国家衛生健康委員会)
・2020-02-19 中国感染者74185人、死者2004人(国家衛生健康委員会)
・2020-02-18 中国感染者72436人、死者1868人(国家衛生健康委員会)
・2020-02-17 中国感染者70548人、死者1770人(国家衛生健康委員会)
・2020-02-16 中国感染者68500人、死者1665人(国家衛生健康委員会)
・2020-02-15 中国感染者66492人、死者1523人(国家衛生健康委員会)
・2020-02-14 中国感染者63851人、死者1380人(国家衛生健康委員会)
・2020-02-13 中国感染者59805人、死者1367人(国家衛生健康委員会)
・2020-02-13 湖北省、新型肺炎感染者に臨床診断を追加、感染者・死者数が急増
・2020-02-12 中国感染者44653人、死者1113人(国家衛生健康委員会)
・2020-02-11 中国感染者42638人、死者1016人(国家衛生健康委員会)
・2020-02-10 中国感染者40171人、死者908人(国家衛生健康委員会)
・2020-02-09 中国感染者37198人、死者811人(国家衛生健康委員会)
・2020-02-08 中国感染者34546人、死者722人(国家衛生健康委員会)
・2020-02-07 中国感染者31161人、死者636人(国家衛生健康委員会)
・2020-02-06 中国感染者28018人、死者563人(国家衛生健康委員会)
・2020-02-05 中国感染者24324人、死者490人(国家衛生健康委員会)
・2020-02-04 中国感染者20438人、死者425人(国家衛生健康委員会)
・2020-02-03 中国感染者17205人、死者361人(国家衛生健康委員会)
・2020-02-02 中国感染者14380人、死者304人(国家衛生健康委員会)
・2020-02-01 米政府、中国全土への渡航を最高警戒レベルに引き上げ 米航空3社、中国行き直行便を休止へ
・2020-02-01 中国感染者11039人、死者258人(国家衛生健康委員会)
・2020-02-01 安倍首相、湖北省に滞在していた外国人の入国を拒否すると表明
・2020-01-31 中国感染者9692人、死者218人、重症者1572人(国家衛生健康委員会)
・2020-01-31 WHO、新型肺炎で緊急事態宣言
・2020-01-31 CDC(米疾病対策センター、人から人への感染を確認
・2020-01-30 中国感染者7711人、死者170人(国家衛生健康委員会)
・2020-01-30 WTO、本日緊急委員会を開き、緊急事態宣言を検討
・2020-01-30 武漢から政府チャーター機で帰国した206人のうち、3人が新型のコロナウイルスに感染
・2020-01-29 中国感染者5974人、死者132人(国家衛生健康委員会)
・2020-01-28 中国感染者4515人、死者106人(国家衛生健康委員会)
・2020-01-27 安倍首相、新型肺炎を強制入院措置が可能な「指定感染症」にする方針を表明
・2020-01-27 中国感染者2744人、死者80人(国家衛生健康委員会)
・2020-01-26 中国感染者1975人、死者56人(国家衛生健康委員会)
・2020-01-26 中国から海外への団体旅行を27日から全面中止
・2020-01-26 中国以外の新型肺炎感染者は13の国と地域で40人確認
・2020-01-25 中国感染者1287人、死者41人(国家衛生健康委員会) 仏でも3人感染
・2020-01-24 米国で二人目の感染者確認、ダウ平均一時316ドル下落
・2020-01-24 中国感染者830人、死者25人(国家衛生健康委員会)
・2020-01-23 WTO、緊急事態宣言を見送り
・2020-01-23 武漢市民にマスク着用義務づけ、航空、鉄道、バスの運行停止
・2020-01-22 中国衛生局、死者9人、患者440人と発表
・2020-01-22 WHOは22日に緊急会合を開催
・2020-01-21 CDC(米疫病予防管理センター)が新型肺炎の米国内での初患者を確認
・2020-01-20 中国の新型肺炎患者2日間で136人増の198人、死亡者3人、危篤9人
・2020-01-19 中国の新型肺炎患者62人へ増加、上海・広東省でも感染の疑い
・2020-01-18 中国武漢で新たに新型肺炎4人発症、春節休暇に向け水際作戦を強化


武漢市は湖北省の省都で自動車製造業が主力産業となっているが、ジェトロによると武漢日本商工会の会員数は154社で、自動車関連が約半分を占めている。ホンダ・日産の他、イオンモールが3店舗、ローソンが330店舗を持つ。温泉施設の極楽湯も進出している。2020年1月15日、武漢市への渡航歴がある人が、国立感染症研究所のウイルス検査で、新型肺炎の陽性反応を確認した。新型肺炎の感染者は日本で初めてで、空港での熱感知によるサーモグラフィなどが注目されそうだ。

コロナウイルスを含む感染症関連銘柄は、定番のマスク関連株に、「クレベリン」の(4574)大幸薬品、発熱者のスクリーニングのための赤外線サーモグラフィを手掛ける(6946)日本アビオニクスなどがある。大幸薬品は、二酸化塩素発生装置「クレベリンLED」を開発しており、空間を除菌してウイルス対策を施す。

・サージカルマスク(N95)
3604川本産業
3107ダイワボウ HD

・防塵マスク
7963興研
7980重松製作所

・防護服
3161アゼアス

感染症、コロナウイルス関連株

感染病法によると、感染力・重篤度・危険性が極めて高く、早急な届出が必要になる一類感染症にはエボラ出血熱や天然痘、ペストなどが指定されている。感染力・重篤度・危険性が高く、早急な届出が必要になる二類感染症には重症急性呼吸器症候群(SARS、コロナウイルスに限る)中東呼吸器症候群(MERS)、鳥インフルエンザ(H5N1)および鳥インフルエンザ(H7N9)などが指定されている。腸管出血性大腸菌感染症(O-157など)は三類、鳥インフルエンザ(H5N1は除外)は四類、インフルエンザは五類。

関連注目銘柄情報はこちら

コロナウイルス(COVID、SARS、MERS) 関連銘柄

コロナウイルス(COVID、SARS、MERS) 関連テーマ

感染症:インフルから新型ウイルス
インフルエンザ薬 エボラ出血熱 化学防護服 空気清浄機 ウイルス検査キット・臨床検査 コロナウイルス(COVID、SARS、MERS) サーモグラフィー 除菌剤・消毒薬・うがい薬 テレワーク・遠隔医療 デング熱 鳥インフルエンザ マスク(ウイルス対策) 調剤薬局 ワクチン投与キット

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方