株価予想

7818 トランザクション

2021年1月15日 株価
始値
1,019
高値
1,039
安値
1,009
終値
1,033
出来高
156,800
7818トランザクションのチャート
オシレータ分析 トレンド分析 予想レンジ
オシレータ分析 中立 トレンド分析 上昇
予想高値
1,100
予想安値
990

7818 トランザクションの投資戦略

7818 トランザクションの株価は、オシレーター系指標では中立圏で推移しています。トレンド系指標は上昇トレンド継続中で、押し目買いゾーンです。オシレータ系指標は「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」を示すテクニカル指標の総称です。一定の範囲で動くため振り子系指標とも呼ばれます。RSIやストキャスティクスが代表的です。トレンドフォロー系指標は、株価が上がり続けると指標も上がり、下がり続けると指標も下がるタイプです。移動平均やMACDが代表的です。

7818 トランザクションのテクニカル売買シグナル

株式売買シグナルが点灯しています。このページ下部のオシレーター分析、トレンド分析、チャート分析でご確認ください。オシレーター分析、チャート分析では変化点をキャッチした日に売り買いサインが点灯、トレンド分析では現在の方向を矢印で示します。

7818 トランザクションの関連ニュース

  • 2020/06/02 08:00
    【注目銘柄】感染防止対策とともに熱中症対策製品でもある新発想の「接触冷感ひんやりマスク」を発売
    トランザクションが初めて注目されたのは、事業者向けマスクを400万枚緊急輸入し、3月に新たに500万枚を緊急輸入した時のこと。4月には需要の高まったマスクを合計1400万枚緊急輸入し、入園・入学シーズンを前に女性・子供用マスク100万枚も緊急輸入、除菌ウェットティッシュも70万枚緊急輸入するなど、商品調達力が評価されてきた。接骨院や鍼灸院を運営するリグアと業務提携。リグアの取引先は2200院を超えており、マスクを含む雑貨製品も提供し、ノベルティ向けの展開も図ってきた。

    本格的な夏を前に、感染防止対策とともに熱中症対策製品でもある新発想の「接触冷感ひんやりマスク」を6月1日から発売する。肌に触れると冷たく感じる接触冷感生地を採用し、マスクの内側に交換式のメルトブローン不織布フィルターを収納することで、飛沫感染も防ぐ。販売予定数は公開していないが、商品調達力が強く、業績にも影響する数量を確保していると見られる。
  • 2020/04/07 16:00
    【注目銘柄】マスクを1000万枚を追加緊急輸入 事業者向けに供給体制を強化
    トランザクションは、2020年4月7日、国内のマスク需給がひっ迫していることから、追加で1000万枚を緊急輸入し、事業者向けに供給体制を強化することとしたと発表した。販売価格は、需要増加や原材料の高騰で生産コストが上昇基調にあるが、物流コストなどの削減を図ったことから、4月7日から5円値下げし、1枚あたり55円としている。

    トランザクションの株価は4円高の796円で推移している。

オシレータ分析

中立

オシレータ系指標は、相場の強弱動向を表した指標で、日々の市場の値動きから、株価の水準とは無関係に売り・買いを探ります。
売買シグナルは 内にまたはで表示されます。

RSI 9日 72.89 RCI 9日 80
13日 66.48
ボリンジャーバンド +2σ 998.13
-2σ 888.79
ストキャススロー S%D 56.13
%D 70.03
ストキャスファースト %K 81.48
%D 70.03
ボリュームレシオ 14日 70.69
移動平均乖離率 25日 9.4 サイコロジカル 12日 58.33

トレンド分析

上昇

トレンド系指標は、相場の方向性・強さを判断する指標で、中長期の分析・予測に使われます。トレンド転換時は内にまたはで表示されます。現在のトレンドはまたはで表示されます。

DMI MACD ゴールデンクロス
5日移動平均(位置) 5日移動平均(向き) 25日移動平均(位置)
25日移動平均(向き) パラボリック

チャート分析

酒田五法

酒田五法や一目均衡表などローソク足変化シグナル(当日示現のみ)は、内にまたはで表示されます。独自のHAL指数で高値圏、安値圏を判定し、実戦的なシグナルです。

十字足 はらみ十字 上ひげ・下ひげ
出会い線 三点童子 三点童子(安値・高値)
包み足 赤三兵・黒三兵 並び赤・並び黒
明けの明星・宵の明星 三役好転・三役逆転 雲上抜け・下抜け
転換線上抜け・下抜け 遅行線上抜け・下抜け 五陽連・五陰連

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方