株式情報。日経平均、東証株式市況、株式テクニカル分析で、株式投資を強力サポート。

アセットアライブ株式情報 asset alive market information

株テーマ:食料 マグロ養殖の関連銘柄

マグロの完全養殖は近畿大学が世界で初めて成功。クロマグロの輸入禁止は回避される見込みだが、資源保護のため漁獲規制は強まり、食品会社は養殖事業を強化。大量の餌が必要なため人工飼料の開発も活発化している。マルハニチロは2015年度から完全養殖のクロマグロの出荷を開始。2018年度には輸出を始める計画。欧米で日本食が人気化し、資源保護に取り組む完全養殖への引き合いが増すと判断した。また、極洋や日本水産もクロマグロの完全養殖の事業化を目指している。極洋とフィードワンは2017年から完全養殖のクロマグロの出荷を年200トン規模で始める。近畿大学が先行するクロマグロの完全養殖を国内最大規模で事業化する。成長したクロマグロは極洋の加工施設でさばき、大手回転すしなど飲食店や小売店に販売する。フィードワンは1986年からクロマグロの種苗生産技術の研究に着手。クロマグロ養殖事業のビジネスモデル構築に向けた人工親魚から完全養殖魚の生産、飼料体制の確立を目指す。日本水産は完全養殖のクロマグロを2017年冬にも出荷する計画。日本水産は2007年にクロマグロの人工ふ化の研究を開始。2014年に完全養殖に成功した。人工ふ化させる稚魚の数を増やし、段階的にクロマグロの出荷数を引き上げていく計画。伊藤ハムは高品質のマグロを安定的に供給するため、2008年から愛媛県宇和島でクロマグロの養殖業に取り組んでいる。林兼産業はマグロ用配合飼料の開発に成功し「ツナ・フード」の商品名で販売している。

世界的な食糧不足で、暴動発生。食糧は深刻な資源問題。遺伝子組み換えや、農薬投下で収穫力強化。コメ 米、米騒動

マグロ養殖 関連銘柄

マグロ養殖 関連テーマ

食料
ウナギ養殖 漁業 米(コメ) 種子 植物工場 食糧卸 飼料 水産 トウモロコシ マグロ養殖

広告

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方