株テーマ:ロボット(医療・福祉) リハビリ・歩行支援ロボットの関連銘柄

CYBERDYNEは自律動作支援ロボットスーツ「HAL」を開発。今仙電機製作所は「片脚式歩行支援機」を開発。安川電機は、脊髄損傷患者向け歩行アシスト装置「ReWalk」を福祉用の装具として販売開始。トヨタ、ホンダ向け中心にばね、リングなど精密部品を製造するサンコールは、装着型歩行支援ロボット「KAI-R(カイアール)」を開発中。トヨタは人と共生する「パートナーロボット」の開発を進めているが、初の事業化として、下肢まひのリハビリテーション支援ロボット「ウェルウォークWW―1000」のレンタルを始める。ホンダも「歩行アシスト」を全国120カ所の医療法人や社会福祉法人にリースしている。アシモの開発を活かし、トヨタと同じリハビリロボットとして運用している。住友理工(旧東海ゴム)は、高齢者などの歩行を支援する「歩行アシストスーツ」を、九州大学と共同開発した。

CYBERDYNE(サイバーダイン)は、ロボットスーツHAL医療用を米国に輸出するために、米国食品医薬品局(FDA)に対して、医療機器承認を取得するため申請を提出し、現在審査中。川重は医療ロボット「MC004N」、「MS005N」を開発。安川電機は、医療やバイオ研究分野における試薬や検体の分析前処理作業向けロボット。HOYAはロボット技術を用いた低侵襲手術支援システム「MASTER(マスター)」を開発するシンガポールのベンチャー企業に出資。 川崎重工業とシスメックスは、医療用ロボット開発に向けたマーケティング会社「メディカロイド(Medicaroid)」を共同で設立している。トヨタやホンダは、リハビリのための歩行アシストロボットを実用化している。

アセットアライブ投資レポートでは、最新情報や詳細情報が取得できます

リハビリ・歩行支援ロボット 関連銘柄

リハビリ・歩行支援ロボット 関連テーマ

ロボット(医療・福祉)
移乗介助ロボット 介護・福祉ロボット コミュニケーションロボット サービスロボット 装着型ロボット 見守りセンサー リハビリ・歩行支援ロボット

広告

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方