株式情報。日経平均、東証株式市況、株式テクニカル分析で、株式投資を強力サポート。

アセットアライブ株式情報 asset alive market information

株テーマ:ロボット(医療・福祉) 装着型ロボットの関連銘柄

体に装着するロボットは、アシストスーツ、パワードスーツとも呼ばれ、建設現場で腰の負担を減らしたり、介護現場で移乗・入浴の支援ロボットとして活用が拡がっている。パワーアシストスーツは介護、物流、農業、建設、造船と活用範囲が広がりを見せている。サイバーダイン(CYBERDYNE)は、「介護用HAL腰タイプ」、菊池製作所は「介護用マッスルスーツ」と表示しているが、基本的には重いものを持ち上げ、腰の負担を和らげるもので、建設現場での用途と変わらない。パナソニックの社内ベンチャーから設立されたアクティブリンクは「アシストスーツ」、クボタは長時間腕を上げての作業を軽減するアシストスーツ「ラクベスト」で農作業を補助する。東京理科大発のベンチャー企業で、菊池製作所が出資するイノフィスは空気圧で稼働する「マッスルスーツ」を開発している。

CYBERDYNE(サイバーダイン)は、ロボットスーツHAL医療用を米国に輸出するために、米国食品医薬品局(FDA)に対して、医療機器承認を取得するため申請を提出し、現在審査中。川重は医療ロボット「MC004N」、「MS005N」を開発。安川電機は、医療やバイオ研究分野における試薬や検体の分析前処理作業向けロボット。HOYAはロボット技術を用いた低侵襲手術支援システム「MASTER(マスター)」を開発するシンガポールのベンチャー企業に出資。 川崎重工業とシスメックスは、医療用ロボット開発に向けたマーケティング会社「メディカロイド(Medicaroid)」を共同で設立している。トヨタやホンダは、リハビリのための歩行アシストロボットを実用化している。

アセットアライブ投資レポートでは、最新情報や詳細情報が取得できます

装着型ロボット 関連銘柄

装着型ロボット 関連テーマ

ロボット(医療・福祉)
移乗介助ロボット 介護・福祉ロボット コミュニケーションロボット サービスロボット 装着型ロボット 見守りセンサー リハビリ・歩行支援ロボット

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方