株テーマ:小型月着陸実証機「SLIM」の関連銘柄

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、小型月着陸実証機「SLIM」が月周回軌道投入に成功したと発表した。SLIMは、2023年9月7日に鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられ、月へ向かって飛行を続けていた。12月25日午後4時51分、月周回軌道に投入された。

SLIMの月周回軌道は、周期約6.4時間、月に最も近いところ(近月点)では高度約600km、月から最も遠いところ(遠月点)では高度約4,000kmで、月の北極点と南極点を結ぶ楕円軌道となる。

SLIMは、JAXAが将来の月面探査に向けて開発中の小型月着陸機の実証機である。月周回軌道上で、月面着陸に必要な技術を試験する。JAXAは、SLIMの月面着陸試験を2024年1月20日に実施する予定。月面着陸に成功すれば、日本はアメリカ、旧ソ連、中国に続き、世界で5番目の月面着陸国となる。

JAXAは2024年1月20日、SLIMが月面着陸に成功したと発表した。


メインエンジン:三菱重工業(7011)、京セラ(6971)
着陸レーダー:三菱電機(6503)
薄膜太陽電池:シャープ(6753)
SUS(ステンレス箔)ラミネート電池:古河電池(6937)
ロケット用慣性センサユニット:日本航空電子工業(6807)
スラスター(姿勢制御):IHI(7013)

ルネサス エレクトロニクスは、月の低緯度付近への着陸に成功した小型月着陸実証機(SLIM)に、ルネサスのインターシルブランド耐放射線ICが搭載されていることを発表した。

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は25日、月探査機「SLIM(スリム)」が目標地点からの誤差が100メートル以内の「ピンポイント着陸」に成功したと発表した。


システム開発を手掛けるセックは、「SLIM」の画像撮影に成功した変形型月面ロボットLEV-2(SORA-Q)のソフトウェア開発に協力した。

小型月着陸実証機「SLIM」 関連銘柄

小型月着陸実証機「SLIM」 関連テーマ

宇宙(ロケット・衛星)
ispace(アイスペース) あかつき(金星探査機) 宇宙ごみ(アストロスケール) イオンエンジン イカロス イプシロン 宇宙ステーション 宇宙向け全固体電池 衛星企業連合 衛星コンステレーション H3ロケット 火星探査 月面探査 月面探査車 HTV(こうのとり) 小型月着陸実証機「SLIM」 小型ロケット(宇宙輸送) JAXA認定宇宙部品 スペースワン 超小型衛星 通信・分析機器 電波望遠鏡 はやぶさ2 みちびき(準天頂衛星) 衛星用リチウムイオン電池

株式情報更新 (5月30日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方