株テーマ:水素注目株の関連銘柄

2022年1月22日(土)時点の株テーマ「水素ステーション」「水素発電」「水素製造装置」から水素注目株をピックアップ。


●5631日本製鋼所
2013年から水素ステーション向け高圧用水素蓄圧機を販売。2018年には軽量化と耐久性を向上させた新型機を開発し、長さを10%、重量を40%低減させた。世界最高レベルの60万回以上という耐久性も実現し、水素ステーションへの引き合いが増えている。


●8133伊藤忠エネクス
伊藤忠エネクスと世界の水素ビジネスを牽引するエア・リキード、伊藤忠商事は、2021年2月26日、低炭素水素の製造から活用まで、上流から下流を網羅する水素バリューチェン構築に関する戦略的な協業に合意し、覚書を締結したと発表した。3社はまず、大都市圏における地産地消モデルを念頭に、競争力のある水素の製造・供給、水素ステーション事業の拡充を共同で検討し、モビリティー市場を含む産業向け水素市場の拡大に貢献する。

この協業をさらに発展させ、国内外での水素事業を推進し、将来的には日本への水素の輸入を視野にいれた国際水素バリューチェーンの構築を目指す。


●7012川崎重工業
オーストラリアで水素を製造し、船で日本に輸送する水素サプライチェーンを構築する動きで中心の役割を果たす。貯蔵やタンクローリーでの大型運搬をしやすくするための水素液化システムや水素を貯蔵できる大型タンクの開発、低コストの水素を輸入するための水素運搬船の製造などを行う。大型の液化水素運搬船などで水素の大量輸送のめどがつき、水素エネルギーの普及が進むとして、2031年3月期に水素関連事業で15%以上の営業利益率を450億円以上の営業利益を目指す。


●7011三菱重工業
従来型火力発電所を水素混合燃焼型に切り替え、2025年には水素100%発電に切り替える計画。


●6391加地テック
FCV用水素ステーション向け圧縮機の販売が増加傾向。2021年11月には中国Dareグループと三井物産グループと、中国での水素圧縮機の事業性検討実施で基本合意している。Dareグループの中国全域の販売網を活用し、中国市場への参入を目指す。まずはDareグループ内で自消分として導入する燃料電池フォークリフト水素充填用水素圧縮機を販売開始する予定。

水素注目株 関連銘柄

水素注目株 関連テーマ

水素社会:グリーン水素早期実現へ
水素注目株 液化水素プラント グリーン水素 水素吸蔵合金 水素供給・利用技術研究組合 水素航空機 水素サプライチェーン 水素ステーション:2030年にFCV用1000基設置へ 水素製造装置 水素タンク 水素トラック 水素発電 燃料電池車(FCV) MIRAI(ミライ)

株式情報更新 (1月22日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方