株テーマ:水素注目株の関連銘柄

2021年7月10日(土)時点の株テーマ「水素ステーション」「水素発電」「水素製造装置」から水素注目株をピックアップ。


●8088岩谷産業
水素ステーションの整備を積極的に進める。また、水素エネルギー社会の実現に向けて、神戸・関西圏における水素利活用の社会実装と水素サプライチェーン構築を目的に「神戸・関西圏水素利活用協議会」を設立。水素分野でのグローバルな連携や水素サプライチェーンの形成を推進する新たな団体「水素バリューチェーン推進協議会」の設立に向けて準備を進めている。


●6502東芝
菅首相は水素を新たな電源と位置づけ、大規模で低コストな水素製造装置を実現すると表明しており、岩谷産業と世界最大規模となる最大1万キロワット級の水素製造装置を稼働させている東芝に注目。また、水素発電システムなども手掛ける。

東芝の営業利益は2019年度が1304億円、2020年度が1044億円となった。今期は1700億円を計画しており、増益が期待される。


●6366千代田化工建設
2020年12月には水素サプライチェーンの実証プロジェクトでSPERA水素技術の商業規模へのスケールアップが可能であることを実証している。

千代田化工建設の株価は6月21日あたりから上昇に転じている。6月21日にENEOSと千代田化工建設がCO2を出さないグリーン水素の製造プラントを共同開発すると報じられたことが材料の1つとなっているとみられる。豪州にプラントを建設し、太陽光発電を利用して、水とトルエンを電気分解し、メチルシクロヘキサン(MCH)を作る。MCHを日本へ運び、国内の発電所に到着した時点で水素を取り出す。


●9517イーレックス
水素燃焼発電を行うために十分な水素発生が連続的に得られる実証を行うため、東京電力パワーグリッド管内に300kW級の水素発電所を建設する。2021年度内の運転開始を目指す。


●4091日本酸素HD
日本酸素の株価は上昇が継続しており、昨日は3.09%高の2339円で推移した。水素関連では、6月22日に北九州市における水素とバイオ燃料を利用したハイブリッド型先進船舶の商用運航を7社で共同で検討すると発表している。

コア営業利益は2019年度が903億円、2020年度が872億円。2021年度は960億円を計画しており、成長も期待されることから、株価の上昇が継続するかに注目をしておきたい。

水素注目株 関連銘柄

水素注目株 関連テーマ

水素社会:グリーン水素早期実現へ
水素注目株 液化水素プラント グリーン水素 水素吸蔵合金 水素供給・利用技術研究組合 水素航空機 水素サプライチェーン 水素ステーション:2030年にFCV用1000基設置へ 水素製造装置 水素タンク 水素トラック 水素発電 燃料電池車(FCV) MIRAI(ミライ)

株式情報更新 (7月28日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方