株テーマ:IOWNの関連銘柄

「IOWN」は、NTTとインテル、ソニーの3社を中心に立ち上げた次世代コミュニケーション基盤で、6Gではネットワークから端末まで情報処理に光技術を使うNTT独自技術を活用する。NTTはNECに約645億円を出資し、4.77%を保有する第3位の株主となった。仕様に合わせた機器を共同開発していく「オープン化」に注力する。「IOWN Global Forum(アイオン グローバル フォーラム)」には、約170社が傘下の関心を示しているという。IOWN Global Forum は,2024年に仕様決定し、2030年商用化を目指している。

NTTは、次世代通信規格「6G」で独自の光伝送技術を使う次世代通信基盤「IOWN(アイオン)」に世界79社が参画しているが、30年までに100社に拡大し、光伝送技術の国際標準化を目指す。


NECは、NTT、NTTデータとグローバル市場で、5Gを活用した企業向けソリューションの展開を加速する。基地局設備を通信機器ベンダーに依存しないO-RAN(オープンラン)を普及させるために、NTTデータの独子会社を拠点とし、欧州の自動車関連産業をターゲットにO-RAN仕様準拠の通信機器等の5Gインフラから、アプリケーションまで含めたソリューションを開発し事業化を目指す。

ACCESSは、2021年7月にNTTとIOWN構想の実現を目的に業務提携。IOWN時代の新たなUI/UXの研究開発を進めるとともに、NTTのソフトウエアをグローバル市場向けに販売していくためのバリューチェーンを先行整備する。NTTが研究開発を推進しているホワイトボックス向けネットワークOSであるBeluganos(L2/L3ネットワーク装置向け)やGoldstone(光伝送装置向け)の2022年度の市場投入を目指す。

IOWN 関連銘柄

IOWN 関連テーマ

6G(ポスト5G)
6G(次世代通信規格) IOWN

株式情報更新 (12月1日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方