株テーマ:6G(ポスト5G)の関連銘柄

6G(ポスト5G)関連株

世界的に5Gの本格サービスが相次ぎ始まり、2025年にはモバイル全体の3割を5Gが占める見通しとなっている。新しい通信規格の検討から商用化まではおよそ10年かかるため、世界でポスト5Gの6G開発の動きが始まっている。日本は5Gで遅れをとったため、政府が総合戦略を策定し、官民の開発を後押しする。

総務省は、2020年1月27日に有識者会議を立ち上げ。2020年4月8日に2025年をめどに6Gの主要技術を確立する戦略目標を公表した。税制優遇などによる開発環境の整備や情報通信研究機構を中心に産官学が連携する新組織も立ち上げ。6G関連の日本勢の特許シェア目標を10%以上とする。

6Gのスペックは通信速度が5Gの10倍の100Gビット/秒、同時にネット接続できる機器も10倍の1000万台/平方キロ、遅延ほぼゼロや電力消費を抑える技術、情報セキュリティ技術などが求められる。

現時点では理論上絶対に破れない量子暗号の東芝、日本電気や常温で作動し、光の特性を計算に利用する通信方式を開発するNTTが注目される。

NTTドコモは2020年1月に6Gに向けた技術コンセプトを公開した。さらに2030年頃と見られている6Gの商用化について、28年頃に前倒しされる可能性を示唆している。5Gや6Gでは、NTTが次世代ネットワークとして実現を目指している「IWON」の存在が大きい。「IWON」は、NTTとインテル、ソニーの3社を中心に立ち上げた次世代コミュニケーション基盤。

武田総務相は、6Gについて20年内に産官学のコンソーシアムを設立し、今後5年間で研究に集中投資すると、表明した。さらに6Gの研究開発に1000億円規模の基金を創設する。

6G(ポスト5G) 関連テーマ

6G(ポスト5G)
6G(次世代通信規格) IWON

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方