株テーマ:昆虫食の関連銘柄

昆虫食関連銘柄

●昆虫食市場 25年に1000億円見通し

2050年には世界人口が90億人を超え、食糧危機が深刻化すると言われ、食品としての昆虫の活用が世界的に注目されている。日本でもイナゴや蜂の子を食べる習慣が一部地方に残っているが、昆虫の原型をとどめない加工食品も増えてきた。欧州食品安全機関が昆虫は人間が食べても安全と宣言したこともあり、2025年度世界の昆虫食市場は約1000億円となる見込み。

●ジェイテクト 徳島大学発のベンチャーと食用コオロギ生産で業務提携
●良品計画 「コオロギせんべい」を販売
●ファインシンター 高崎経済大発のベンチャーとコオロギ食材で協業

ジェイテクトは、2020年5月に徳島大学発のベンチャー企業のグラリスと食用コオロギの生産で業務提携した。グラリスのコオロギの飼育技術とジェイテクトの自動化技術やIoT技術などを融合し、高品質なコオロギを量産する。食用コオロギは飼育時の環境負荷が牛などの家畜に比べて非常に小さいことから、将来の食糧危機の回避や持続可能なたんぱく源となることが期待される。

良品計画は徳島大学と連携して開発したおやつ「コオロギせんべい」の販売を始めている。やはり、徳島大学の研究をベースとしている。世界的には20億人がすでに昆虫を食べており、人口が増加していくと2050年には24億人の食糧が不足すると考えられているため、昆虫食の需要が高まると見られている。

ファインシンターは、2021年6月にコオロギ食材の研究開発で高崎経済大学発のベンチャーであるFUTURENAUTと協業を開始した。

昆虫食 関連銘柄

昆虫食 関連テーマ

食料(養殖・植物肉)
米(コメ) 昆虫食 種子 植物工場 植物肉(人工肉・代替肉) 飼料 水産

株式情報更新 (10月19日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方