株テーマ:リチウムイオン電池(自動車) 車載電池リサイクルの関連銘柄

車載電池リサイクル関連銘柄。車載電池の需要は約10年とされるが、車載用ではなく、家庭用としては十分な能力があり、さらに5年から10年は使える。電気自動車(EV)の広がりで増えた使用済み車載電池を引き取り、相互接続で大型蓄電池に加工し、風力や太陽光など再生可能エネルギーの運用のために活用する動きなどが出始めている。

トヨタ自動車は「モビリティーカンパニーへの変革」を掲げる。MaaSやシェアリングでの活用などを見越し、電気自動車(EV)の充電や保険などの周辺サービス、リース、中古車販売、電池のリサイクルなどを含めたビジネス構築に乗り出す。

HEV(ハイブリッドカー)やEV(電気自動車)向けの、リチウムイオン電池量産が2009年に開花する。現在のプリウス、インサイトはニッケル水素電池だが、リチウムイオン電池は二倍以上の性能が期待されている。日本勢は、正極材にリチウム酸化物を使用するが、米国A123システムズや中国BYDは安価な鉄系材料を使用し、蓄電容量では劣るが安全性は高い。低炭素社会の切り札と目されるが、明確な本命は存在せず、世界的な技術開発競争に突入する。

関連注目銘柄情報はこちら

車載電池リサイクル 関連銘柄

車載電池リサイクル 関連テーマ

リチウムイオン電池(自動車)
車載電池リサイクル オートモーティブ・エナジー・サプライ 日立ビークルエナジー フォーアールエナジー プライムアースEVエナジー ブルーエナジー リチウムエナジージャパン

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方