株テーマ:リチウムイオン電池セパレーターの関連銘柄

リチウムイオン電池セパレータ関連株。セパレーターとは、正極と負極を隔離し、電解液を保持して正極と負極との間のイオン伝導性を確保する重要部材。

旭化成の「ハイポア」はポリオレフィンを原料とした多孔質フィルムでリチウムイオン2次電池用セパレータとして世界で高いシェアを持つ。

東レは、2020年11月に大容量の次世代リチウムイオン二次電池用無孔セパレータを開発したと発表した。電池の負極材は黒鉛が一般的だが、金属リチウムは最も理論容量が高いと注目されている。しかしながら、金属リチウム負極は充電時にリチウムの結晶が発生し、正負極がショートすることから安全性が課題となっている。

東レは、新規イオン伝導性ポリマーを開発し、リチウムの結晶抑制とイオン伝導性の両立を実現した。2022年から2025年頃の製品化やウエアラブルデバイス、ドローン、EVなどへの適用を目指す。

三菱製紙は不織布を使ったセパレータを開発。ダブル・スコープはリチウムイオン二次電池セパレータ事業が主力で2023年以降に量産予定のEV新規モデル用のサンプル製造や量産実験などへの取り組みを開始している。

リチウムイオン電池セパレーター 関連銘柄

リチウムイオン電池セパレーター 関連テーマ

リチウムイオン電池
リチウムイオン電池正極材 リチウムイオン電池セパレーター リチウムイオン電池電解液・電解質 電極製造装置 電動工具リチウムイオン電池 リチウムイオン電池負極材 水系リチウムイオン電池 SCiB

株式情報更新 (5月9日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方