株価予想

3401 帝人

2020年7月6日 株価
始値
1,660
高値
1,694
安値
1,657
終値
1,690
出来高
714,300
3401帝人のチャート
オシレータ分析 トレンド分析 予想レンジ
オシレータ分析 中立 トレンド分析 下降
予想高値
1,700
予想安値
1,600

3401 帝人の投資戦略

3401 帝人の株価は、オシレーター系指標では中立圏で推移しています。トレンド系指標は下降トレンド継続中で、戻り売りゾーンです。オシレータ系指標は「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」を示すテクニカル指標の総称です。一定の範囲で動くため振り子系指標とも呼ばれます。RSIやストキャスティクスが代表的です。トレンドフォロー系指標は、株価が上がり続けると指標も上がり、下がり続けると指標も下がるタイプです。移動平均やMACDが代表的です。

3401 帝人のテクニカル売買シグナル

株式売買シグナルが点灯しています。このページ下部のオシレーター分析、トレンド分析、チャート分析でご確認ください。オシレーター分析、チャート分析では変化点をキャッチした日に売り買いサインが点灯、トレンド分析では現在の方向を矢印で示します。

3401 帝人の関連ニュース

  • 2020/06/11 07:00
    【注目銘柄】熱可塑性複合材料、およびポリカーボネート樹脂が、カバンに入れて携帯できるクルマ「WALKCAR(ウォーカー)」に採用
    炭素繊維「テナックス」を使用した熱可塑性複合材料、およびポリカーボネート樹脂「パンライト」が、cocoa motorsが開発した、カバンに入れて携帯できるクルマ「WALKCAR(ウォーカー)」に採用された。「WALKCAR(ウォーカー)」は13インチのノートパソコンと同等のサイズで、重量は2.9キロ。最高時速16キロで1回の充電で7キロメートル走行できる。

    「テナックス」は、鉄の10倍の強度と重さが4分の1という軽量性があり、「パンライト」は、ガラスの約200倍の耐衝撃性と重さが2分の1という軽量性から採用に至った。「WALKCAR(ウォーカー)」は専用のインホイルモーターを搭載しており、重心移動を基本とした操作で行う事が出来る。降りると足元で自動停止する。国内の公道走行は許可されていないが、受注は好調で、発送まで1ー2ヶ月を要するようだ。
  • 2020/05/21 08:03
    【業務提携】地域包括ケアシステム関連新事業の創出で、PREVENTと資本業務提携
    帝人は、生活習慣病の重症化予防事業の拡大、および地域包括ケアシステム関連新事業の創出のため、PREVENT(非上場)と資本業務提携する。PREVENTは、一病息災の健康支援モデルをテーマに生活習慣病の健康作りを支援しており、レセプト(診療報酬明細書)や健康診断データから疾患の発症を予測する医療データ解析事業「Myscope」や、アプリとライフログのモニタリングデバイスを活用した生活習慣改善指導による重症化予防支援事業「Mystar」を展開している。

    帝人はヘルスケア事業領域の中長期戦略として、地域包括ケアシステム関連新事業の創出を掲げており、データプラットフォームの活用により新たな市場を創造し、個人と地域社会に包括的な健康・医療サービスを提供することを目指している。
  • 2020/05/08 11:49
    【決算】20年3月期経常利益は9.8%減 21年3月期は26.4%減を計画
    帝人の2020年3月期経常利益は9.8%減の543億円となった。通期は10.4%減の540億円を計画しており、計画を3億円上回った。高尿酸血症・痛風治療剤「フェブリク」などのヘルスケア領域の減益や為替の影響で減益となった。

    セグメント別では、自動車や衣料用繊維などのマテリアル領域の営業利益は9.3%減の213億円。ポリカーボネート樹脂市況の低下の影響などで減益となった。

    高尿酸血症・痛風治療剤「ファブリク」などのヘルスケア領域の営業利益は8.2%減の326億円。欧米での後発品の影響を受けて減益となった。

    電子コミック配信サービスや病院・企業向けITサービスのその他の営業利益は11.6%増の80億円と好調に推移した。

    2021年3月期は26.4%減の400億円を計画する。マテリアルが57.7%減の90億円、ヘルスケアが14.1%減の280億円、その他は横ばいの80億円と計画する。

    業績予想の前提は、新型コロナウイルスの影響で第1四半期は国内外の経済活動が大きく影響を受けるものの、第2四半期から徐々に正常化していくことを前提として策定したとしている。

    帝人の株価は29円高の1681円で推移している。
  • 2020/03/03 18:10
    【注目銘柄】喘息治療薬「シクレソニド」を投与した3例で、新型肺炎の症状が改善
    帝人子会社の帝人ファーマが製造する喘息治療薬「シクレソニド」を投与した3例で、新型肺炎の症状が改善したとされており、続伸している。クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客のうち、73歳女性の症例では2日程度で症状が改善し、ウイルス検査が陰性となり、退院に至ったという。他の例では78歳男性、67歳女性に増量して継続投与中とのこと。

    「シクレソニド」は小児に対する有効性と安全性も確認されており、局所作用のため全身性の副作用はまずないとされている。声のかすれ、のどのイガイガ感などは指摘されている。
  • 2020/02/05 18:42
    【決算】4-12月期の経常利益は7.5%減 「フェブリク」の後発品などが影響
    帝人の2020年3月期第3四半期(4-12月)の経常利益は7.5%減の474億円となった。通期は10.4%減の540億円を計画しており、進捗率は87%となっている。

    高尿酸血症・痛風治療剤「フェブリク」などのヘルスケア領域の減益や為替の影響で減益となった。

    セグメント別では、自動車や衣料用繊維などのマテリアル領域の営業利益は横ばいの172億円。欧州や中国で自動車需要が減少するも、高機能材料分野が堅調に推移し、前年水準を維持した。

    高尿酸血症・痛風治療剤「フェブリク」などのヘルスケア領域の営業利益は6.9%減の291億円。欧米での後発品の影響を受けて減益となった。

    電子コミック配信サービスや病院・企業向けITサービスのその他の営業利益は45.4%増の56億円と好調に推移した。

    帝人の株価は53円高の2026円で推移している。
  • 2019/09/27 14:20
    【注目銘柄】米テキサス州に工場を新設に75億円 自動車向け複合成型材料事業を強化

オシレータ分析

中立

オシレータ系指標は、相場の強弱動向を表した指標で、日々の市場の値動きから、株価の水準とは無関係に売り・買いを探ります。
売買シグナルは 内にまたはで表示されます。

RSI 9日 27.66 RCI 9日 -76.67
13日 -89.7
ボリンジャーバンド +2σ 1835
-2σ 1619.4
ストキャススロー S%D 30.35
%D 10.84
ストキャスファースト %K 32.39
%D 10.84
ボリュームレシオ 14日 26.92
移動平均乖離率 25日 -3.66 サイコロジカル 12日 25

トレンド分析

下降

トレンド系指標は、相場の方向性・強さを判断する指標で、中長期の分析・予測に使われます。トレンド転換時は内にまたはで表示されます。現在のトレンドはまたはで表示されます。

DMI MACD ゴールデンクロス
5日移動平均(位置) 5日移動平均(向き) 25日移動平均(位置)
25日移動平均(向き) パラボリック

チャート分析

酒田五法

酒田五法や一目均衡表などローソク足変化シグナル(当日示現のみ)は、内にまたはで表示されます。独自のHAL指数で高値圏、安値圏を判定し、実戦的なシグナルです。

十字足 はらみ十字 上ひげ・下ひげ
出会い線 三点童子 三点童子(安値・高値)
包み足 赤三兵・黒三兵 並び赤・並び黒
明けの明星・宵の明星 三役好転・三役逆転 雲上抜け・下抜け
転換線上抜け・下抜け 遅行線上抜け・下抜け 五陽連・五陰連

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方