株テーマ:電動アシスト自転車の関連銘柄

1993年頃から普及が始まり、従来の鉛からリチウムイオン電池を搭載したことで、充電時間と走行距離が改善している。3時間程度の充電で、40キロ走行が平均的だが、10万円以上とママチャリにしては高価格だった。2018年頃から、高齢者の重大な交通事故が頻発し、自動車免許返納が相次いだため、自動車に代わる足として、電動アシスト自転車が普及してきた。

ブリヂストンの両輪駆動は、走りながら自動充電できる電動アシスト自転車で、1回の充電でパワーモードで54キロ、エコモードで130キロも走れる。パナソニックは、子乗せタイプやショッピング、スポーツなど33タイプとラインナップが豊富。ヤマハの電動アシスト自転車PASは、走行困難な坂も駆け上れる力強さを誇る。

販売価格は上昇傾向にあったが、2018年の平均価格は10万円まで低下し、子乗せ需要による高単価なチャイルドシート搭載自転車から、高齢者向けが増加している。自転車産業振興協会で確認できる経済産業省生産動態統計調査によると2019年1-9月の車種別生産台数では電動アシスト自転車が41万7188台(66%)、軽快車が15万2609台(24%)となっている。

自転車部品で世界首位のシマノは欧州向け電動アシストバイク用コンポーネントが好調。ヤマハは世界で初めて電動アシスト自転車を作ったパイオニア。大規模自転車専門店を運営するあさひもスポーツタイプや電動アシスト自転車が好調。

電動アシスト自転車 関連銘柄

電動アシスト自転車 関連テーマ

EV(電気自動車)
EV注目株 トラクションモーター インホイルモーター EVインバーター EVコンバーター マグネット 電動アシスト自転車 テスラ トヨタEV 日産「リーフ」 富士重工「プラグイン・ステラ」 2人乗りEV 三菱iMiEV(アイミーブ)

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方