株価予想

6594 ニデック

2024年4月12日 株価
始値
6,324
高値
6,455
安値
6,291
終値
6,381
出来高
3,484,200
6594ニデックのチャート
オシレータ分析 トレンド分析 予想レンジ
オシレータ分析 中立 トレンド分析 上昇
予想高値
6,700
予想安値
6,100

6594 ニデックの投資戦略

6594 ニデックの株価は、オシレーター系指標では中立圏で推移しています。トレンド系指標は上昇トレンド継続中で、押し目買いゾーンです。オシレータ系指標は「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」を示すテクニカル指標の総称です。一定の範囲で動くため振り子系指標とも呼ばれます。RSIやストキャスティクスが代表的です。トレンドフォロー系指標は、株価が上がり続けると指標も上がり、下がり続けると指標も下がるタイプです。移動平均やMACDが代表的です。

6594 ニデックのテクニカル売買シグナル

株式売買シグナルが点灯しています。このページ下部のオシレーター分析、トレンド分析、チャート分析でご確認ください。オシレーター分析、チャート分析では変化点をキャッチした日に売り買いサインが点灯、トレンド分析では現在の方向を矢印で示します。

6594 ニデックの関連ニュース

  • 2024/01/24 16:37
    【注目銘柄】通期営業利益2200億円→1800億円 配当70円→75円 EVトラクションモーターで構造改革費用の計上を想定
    極端な価格競争により中国EV市場の健全性が損なわれる状況であり、不採算機種の受注制限など収益性最優先へと戦略転換を実施。
  • 2023/07/13 16:58
    【注目銘柄】ニデック、TAKISAWAを完全子会社とすることを目的とし公開買付けを開始予定 2023年9月中旬を目途
  • 2023/06/29 10:23
    HAPS向けのモーターを共同開発
    ニデック(旧日本電産)と(9434)ソフトバンクは、成層圏通信プラットフォーム(HAPS)向け軽量・高効率・高信頼性のアキシャルフラックス型のモータを開発した。このモータはソフトバンクの子会社であるHAPSモバイルが開発したHAPS向け無人航空機「Sunglider(サングライダー)」の要求仕様にも適合している。

    開発したモータは、ソーラー発電のみでHAPS向け無人航空機の長時間飛行を可能にする軽量・高効率・高信頼性と、成層圏の低圧環境においても安定した性能を実現する高い放熱性を実現している。アキシャル型モータは従来のラジアル型モータと異なり、磁石と鉄心を上下にレイアウトすることで高トルク・薄型・減速ギアなしで直接駆動できるという特徴がある。

    ソフトバンクとHAPSモバイルは、HAPSの商用化実現に向けた多様な要素技術の開発を引き続き行う。
  • 2023/06/18 10:17
    【注目銘柄】ブラジル航空機メーカーのエンブラエルと合弁会社を設立 空飛ぶクルマ向けに製品・サービスを提供
  • 2023/06/07 09:19
    次世代E-Axleの半導体ソリューションで協業
    ニデックとルネサスエレクトロニクスは、電気自動車(EV)向けの駆動モータと様々なパワーエレクトロニクスを統合した次世代E-Axle(イーアクスル)の半導体ソリューションで協業する。

    電気自動車では、モータ、インバータ、ギヤ(減速機)を一体化したE-Axle(イーアクスル)の採用が本格化しているが、EV先進国の中国では、車載充電器、DC-DCコンバータ、オンボードチャージャ(OBC)の3部品を追加統合し、高性能・高効率と、小型軽量・低コストを同時に実現し、車両開発の効率化を進める動きが加速している。

    両社は第一弾として、2023年末までにモータ、インバータ、ギヤに加え、DC-DCコンバータ、OBC、電力分配ユニット(PDU)を搭載したイーアクスルを開発し、パワーデバイスにはSiC(炭化ケイ素)を搭載する。第二弾では、パワーデバイスをGaN(窒化ガリウム)に置き換えることで、さらなる小型化と低コスト化を目指す。

    2022年のイーアクスル市場規模は約100億ドルで、2027年には約500億ドルに達すると予測されている。世界シェアは、2022年時点で日本電産が約30%、ボッシュが約20%、マツダが約10%とされているが、多くの企業が参入しており、競争は激しい。
  • 2023/04/25 10:23
    「イーアクスル」が中国需要を取り込み、最高益となる見通し
    前3月期売上は16.9%増の2兆2428億円、営業利益は41.3%減の1000億円、純利益は66.9%減の450億円となった。IT機器の出荷ピークアウトが継続し、グローバル自動車生産台数の回復遅れ、設備投資関連需要のピークアウト、中国EV市場の台数成長率低下など、経営環境は厳しい。は2023年7月に創業満50周年を迎えることから、大幅な固定費の低減を実現することによる抜本的な収益構造改革を実現し、2023年度のV字回復実現を目指して固定費の大幅な低減を図るため、構造改革費用約757億円を計上した。

    1-3月期の営業損益は243億円の赤字(前年同期は369億円黒字)となり、市場予想を大きく下回っている。最終損益も591億円の赤字に転落した。今期売上は1.9%減の2兆2000億円、営業利益は2.2倍の2200億円、最終損益は3.6倍の1650億円を計画する。投資先行だった電気自動車(EV)向け駆動装置「イーアクスル」が中国需要を取り込み、最高益となる見通し。

オシレータ分析

中立

オシレータ系指標は、相場の強弱動向を表した指標で、日々の市場の値動きから、株価の水準とは無関係に売り・買いを探ります。
売買シグナルは 内にまたはで表示されます。

RSI 9日 63.13 RCI 9日 33.33
13日 13.74
ボリンジャーバンド +2σ 6455.83
-2σ 5189.02
ストキャススロー S%D 52.38
%D 43.84
ストキャスファースト %K 100
%D 43.84
ボリュームレシオ 14日 54.93
移動平均乖離率 25日 5.5 サイコロジカル 12日 66.67

トレンド分析

上昇

トレンド系指標は、相場の方向性・強さを判断する指標で、中長期の分析・予測に使われます。トレンド転換時は内にまたはで表示されます。現在のトレンドはまたはで表示されます。

DMI MACD ゴールデンクロス
5日移動平均(位置) 5日移動平均(向き) 25日移動平均(位置)
25日移動平均(向き) パラボリック

チャート分析

酒田五法

酒田五法や一目均衡表などローソク足変化シグナル(当日示現のみ)は、内にまたはで表示されます。独自のHAL指数で高値圏、安値圏を判定し、実戦的なシグナルです。

十字足 はらみ十字 上ひげ・下ひげ
出会い線 三点童子 三点童子(安値・高値)
包み足 赤三兵・黒三兵 並び赤・並び黒
明けの明星・宵の明星 三役好転・三役逆転 雲上抜け・下抜け
転換線上抜け・下抜け 遅行線上抜け・下抜け 五陽連・五陰連

株式情報更新 (4月13日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方