銘柄診断

6594 日本電産

6594日本電産のチャート
オシレータ分析 トレンド分析 予想レンジ
オシレータ分析 中立 トレンド分析 上昇
予想高値
15,000
予想安値
14,000

6594 日本電産の投資戦略

6594 日本電産の株価は、オシレーター系指標では中立圏で推移しています。トレンド系指標は上昇トレンド継続中で、押し目買いゾーンです。オシレータ系指標は「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」を示すテクニカル指標の総称です。一定の範囲で動くため振り子系指標とも呼ばれます。RSIやストキャスティクスが代表的です。トレンドフォロー系指標は、株価が上がり続けると指標も上がり、下がり続けると指標も下がるタイプです。移動平均やMACDが代表的です。

6594 日本電産のテクニカル売買シグナル

株式売買シグナルが点灯しています。このページ下部のオシレーター分析、トレンド分析、チャート分析でご確認ください。オシレーター分析、チャート分析では変化点をキャッチした日に売り買いサインが点灯、トレンド分析では現在の方向を矢印で示します。

6594 日本電産の関連ニュース

  • 2017/10/24 15:58
    【上方修正】主要4製品グループ全てで増収増益を達成。増配も
    日本電産は中間期営業利益を800億円から826億円と3.3%増に上方修正。通期営業利益を1650億円から1700億円と3%増、純利益を1270億円から1280億円と0.8%増に上方修正した。

    主要4製品グループ全てで増収増益を達成。税引前利益は債権債務の為替差損の計上により予想を下回るも、純利益では取り組んでいる税金費用の低減により予想を上回る見通し。

    また、期末配当を45円から50億円に増配、年間配当を90円から95円とした。

  • 2017/09/13 16:27
    【銘柄情報】EVモジュールへ本格参入で5連騰
    独フランクフルト国際自動車ショーで、EVモジュールを出展し、EVモジュールへ本格参入する。日本電産の2016年度売上は1兆2000億円で、30年には10兆円目標。車載部品は2600億円から4兆円と15倍目標を掲げている。車載モーターの開発は2006年に仏ヴァレオ社からモーター・アクチュエーター事業の買収から始まった。2014年にホンダエレシスを買収することで、自動車メーカーとの距離を縮め、満を持して車載モーターに本格参入する。

    これまで短距離低速の商用EVモーターは生産していたが、一般的なEVに搭載できる駆動モーターは初めてとなる。2015年には中国企業からSR(スイッチトリラクタンス)モーター事業を買収しており、永久磁石を利用しない安価なモーターの開発に注力していた。反面振動や騒音が大きい欠点があるが、これを解決してSRモーターを搭載しているのであれば、量産化によるコストパフォーマンスで、圧倒的な地位を確立する可能性がある。現在の主流は水冷式のACモーターで、コストも高い。
  • 2017/09/08 10:36
    【銘柄情報】EV及びPHEV向けにトラクションモーターシステムを新開発
    日本電産は、EV及びPHEV向けにトラクションモーターシステムを新規開発した。新冷却システムを採用し、従来品に比べてサイズと重量を大幅に削減し、出力130キロワットの場合は重量が80キログラム。出力は40-150キロワットで、小型車からSUV(多目的スポーツ車)まで対応し、より広い車室内スペースの確保を実現できるという。冷却システム搭載のモータータンタンでも販売し、既存のギア装置や電動システムと組み合わせも出来る。生産開始は2019年を予定している。

    また子会社の日本電産エレシスは、世界最小の単眼カメラとミリ波レーダを一体化した新型センサを開発した。新型センサはルームミラー裏のウインドシールドに装着可能で、検知距離200メートル以上、検知確度は90度を実現している。
  • 2017/04/25 15:25
    【決算】18年3月期営業利益は14%増を計画。増配も
    17年3月期営業利益は19.3%増の1403億円、純利益は24.2%増の1117億円。18年3月期営業利益は14%増の1600億円、純利益は11.9%増の1250億円、年間配当は85円→90円への増配を計画。
  • 2017/01/24 15:19
    【上方修正】通期営業利益1350億円→1400億円、純利益1000億円→1050億円に上方修正
    発行済み株式総数1.69%の自己株式の取得枠を設定。500万株、500億円。取得期間は2017年1月27日~2018年1月26日。
  • 2016/12/20 15:34
    【自社株買い】自社株買い枠を拡大。発行済み株式総数1.01%→1.69%
    300万株→500万株に拡大。取得額は240億円→500億円へ。取得期間は2016年1月27日~2017年1月26日。

オシレータ分析

中立

オシレータ系指標は、相場の強弱動向を表した指標で、日々の市場の値動きから、株価の水準とは無関係に売り・買いを探ります。
売買シグナルは 内にまたはで表示されます。

RSI 9日 92.56 RCI 9日 72.92
13日 86.13
ボリンジャーバンド +2σ 14846.14
-2σ 11712.29
ストキャススロー S%D 79.7
%D 91.71
ストキャスファースト %K 100
%D 91.71
ボリュームレシオ 14日 57.33
移動平均乖離率 25日 5.93 サイコロジカル 12日 58.33

トレンド分析

上昇

トレンド系指標は、相場の方向性・強さを判断する指標で、中長期の分析・予測に使われます。トレンド転換時は内にまたはで表示されます。現在のトレンドはまたはで表示されます。

DMI MACD ゴールデンクロス
5日移動平均(位置) 5日移動平均(向き) 25日移動平均(位置)
25日移動平均(向き) パラボリック

チャート分析

酒田五法

酒田五法や一目均衡表などローソク足変化シグナル(当日示現のみ)は、内にまたはで表示されます。独自のHAL指数で高値圏、安値圏を判定し、実戦的なシグナルです。

十字足 はらみ十字 上ひげ・下ひげ
出会い線 三点童子 三点童子(安値・高値)
包み足 赤三兵・黒三兵 並び赤・並び黒
明けの明星・宵の明星 三役好転・三役逆転 雲上抜け・下抜け
転換線上抜け・下抜け 遅行線上抜け・下抜け 五陽連・五陰連

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方