株テーマ:感染症:インフルから新型ウイルス マスク(ウイルス対策)の関連銘柄

厚生労働省は新型インフルエンザが発生した場合にサージカルマスク(外科用マスク)の使用を推奨。米国国立労働安全衛生研究所はレスピレーター型マスクのフィルター規格のN95マスクを、結核、SARSなどのコロナウイルス、インフルエンザなど重度な感染症対策用として推奨している。

N95高機能マスク
・サージカルマスク(手術用)
・レスピレータ(防じんマスク)

ダイワボウは、京都産業大学鳥インフルエンザ研究センターと共同開発した抗ウイルス素材を用いた多機能マスク「アレルキャッチャー」を販売。不織布製でバクテリア濾過率99%のサージカルタイプ。シキボウは抗ウィルス加工繊維「フルテクト」を開発。医療白衣やマスクに展開している。ユニチャームの「超立体マスク」、大正製薬の「パブロンマスク」も出荷が急増した。防塵マスクの興研は生産ラインを医療用マスクに転用で生産倍増。荏原実業は、サージカルマスクや体温計のパンデミック対策キットを、企業向け、家庭向けに販売。

2020年1月には、中国の新型コロナウィルスによる肺炎拡大で、N95規格の高機能マスク買い占めが発生した模様。川本産業は使い切りタイプのサージカルマスクを販売している。小林製薬はマスクにウエットタイプのフィルターを付ける「のどぬーるぬれマスク」の販売が急増している。

ヘリオス テクノ ホールディングスは、2020年3月26日に生産事業者向けのマスク生産設備の販売を開始したと発表した。

新型肺炎の対策で中国政府はマスクの増産方針を宣言しているが、日本でもマスク爆買いが顕著になっている。中国アリババのネット通販では二日間で8000万個のマスクが売り切れたという。春節期間中は中国国内でマスクの生産が止まるため、品薄が懸念される。武漢市民にマスク着用を義務づけ、航空、鉄道、バス運行を停止する措置をとっている。

中国のマスク需要は爆発的に伸びており、シキボウは抗ウイルス機能付きマスクの生産量を3倍に増加し、中国へ出荷する。新潟のコデラカプロン(非上場)は中国の卸売業者から年間生産量に匹敵する20万枚のマスクを一括受注した。

感染症、コロナウイルス関連株

感染病法によると、感染力・重篤度・危険性が極めて高く、早急な届出が必要になる一類感染症にはエボラ出血熱や天然痘、ペストなどが指定されている。感染力・重篤度・危険性が高く、早急な届出が必要になる二類感染症には重症急性呼吸器症候群(SARS、コロナウイルスに限る)中東呼吸器症候群(MERS)、鳥インフルエンザ(H5N1)および鳥インフルエンザ(H7N9)などが指定されている。腸管出血性大腸菌感染症(O-157など)は三類、鳥インフルエンザ(H5N1は除外)は四類、インフルエンザは五類。

関連注目銘柄情報はこちら

マスク(ウイルス対策) 関連銘柄

マスク(ウイルス対策) 関連テーマ

感染症:インフルから新型ウイルス
インフルエンザ薬 ECMO(人工心肺装置) エボラ出血熱 化学防護服 空気清浄機 ウイルス検査キット・臨床検査 コロナウイルス(COVID、SARS、MERS) サーモグラフィー 除菌剤・消毒薬・うがい薬 新型コロナ治療薬 新型コロナワクチン 人工呼吸器 テレワーク・遠隔医療 デング熱 鳥インフルエンザ マスク(ウイルス対策) 調剤薬局 ワクチン投与キット

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方