株価予想

8113 ユニ・チャーム

2021年4月16日 株価
始値
4,441
高値
4,464
安値
4,415
終値
4,415
出来高
1,099,200
8113ユニ・チャームのチャート
オシレータ分析 トレンド分析 予想レンジ
オシレータ分析 中立 トレンド分析 下降
予想高値
4,600
予想安値
4,200

8113 ユニ・チャームの投資戦略

8113 ユニ・チャームの株価は、オシレーター系指標では中立圏で推移しています。トレンド系指標は下降トレンド継続中で、戻り売りゾーンです。オシレータ系指標は「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」を示すテクニカル指標の総称です。一定の範囲で動くため振り子系指標とも呼ばれます。RSIやストキャスティクスが代表的です。トレンドフォロー系指標は、株価が上がり続けると指標も上がり、下がり続けると指標も下がるタイプです。移動平均やMACDが代表的です。

8113 ユニ・チャームの関連ニュース

  • 2021/02/15 16:25
    【自社株買い】発行済み株式総数の0.67%を自社株買い 2月16日~12月23日
    ユニ・チャームは発行済み株式総数の0.67%(400万株)を自社株買い。取得価額は160億円。取得期間は2021年2月16日から2021年12月23日。
  • 2021/02/15 16:22
    【決算】21年12月期のコア営業利益は3.7%増を計画
    ユニ・チャームは、2021年12月期のコア営業利益は3.7%増の1190億円を計画する。主力の大人用紙おむつやマスクなどのパーソナルケアで、海外では主要国の中国、インド、東南アジアを中心に市場を上回るスピードでの成長を図る。国内では消費者ニーズを捉えた付加価値商品の提供で市場の活性化をリードするとしている。

    ユニ・チャームのコア営業利益は、2017年は868億円、2018年は951億円、2019年は897億円、2020年は1147億円で推移している。
  • 2020/11/06 16:38
    【業務提携】1-9月のコア営業利益は30.4%増
    ユニ・チャームの2020年12月期第3四半期(1-9月)のコア営業利益は30.4%増の891億円となった。通期は11.4%増の1000億円を計画しており、進捗率は89.1%となっている。

    セグメント別では、大人用おむつやマスクなどのパーソナルケアの利益は28.9%増の782億円。新型コロナウイルス発生後からの感染予防意識と備蓄意識の高まりや日本製へのニーズの高まりからマスクの「超快適」やウェットティッシュの「シルコット」の供給を強化し売上を拡大した。

    ペットケアの利益は38.4%増の104億円。犬用では犬種ごとの身体の特長や年齢に合わせた商品を新発売。成長傾向の猫用フード市場では健康志向の高まりに答えた商品を発売した。

    ユニ・チャームの株価は42円高の5202円で推移している。
  • 2020/08/05 16:00
    【決算】中間期のコア営業利益は41.1%増
    ユニ・チャームの2020年12月期第2四半期(1-6月)のコア営業利益は41.1%増の553億円となった。通期は11.4%増の1000億円を計画しており、進捗率は55.3%となっている。

    大人用紙おむつやマスクなどのパーソナルケアの利益は41.1%増の488億円。日本以上のスピードで高齢化が進む台湾やインドネシア、タイ、ベトナム、中国などで日本で確立したケアモデルを普及させる準備を推進。マスクの「超快適」やアルコールタイプの除菌ウェットティッシュは24時間体制で供給を強化し、売上を拡大した。

    ペットケアの利益は36.2%増の61億円。犬用では犬種ごとの身体の特徴や年齢に合わせた新商品の発売や飼育頭数の増加で成長傾向の猫用フード市場では健康志向の高まりに応えた新商品の発売でシェアを拡大させた。

    ユニ・チャームの株価は55円安の4725円で推移している。
  • 2020/05/15 07:43
    【決算】「超立体」、「超快適」ブランドマスクの売り上げが増加、アルコールウェットティッシュ類も好調
    第1四半期にあたる1ー3月売上は9.0%増の1837億円、コア営業利益は50.7%増の302億円、純利益は51.3%増の192億円となった。期初計画の通期コア営業利益は11.4%増の100億円で、好スタートとなった。ヘルスケア関連商品では日本以上のスピードで高齢化が進む台湾、インドネシア、タイなどで、大人用排泄ケア用品の需要が拡大し、新型コロナ発生後はマスクの「超立体」、「超快適」ブランドの売り上げが増加した。アルコールウェットティッシュ類も好調。

    ペットケア事業では、犬用・猫用ともにシェアを伸ばし、北米市場ではネット販売やペット専門店の売り上げが増加した。全事業に渡って新型コロナの発生による備蓄意識が高まり、マスクや生理用品、紙おむつ等の生活必需品が一時的に店頭で品薄状態となったが、次第に解消に向かっている。生活必需品だけに好調を維持しよう。

オシレータ分析

中立

オシレータ系指標は、相場の強弱動向を表した指標で、日々の市場の値動きから、株価の水準とは無関係に売り・買いを探ります。
売買シグナルは 内にまたはで表示されます。

RSI 9日 15.69 RCI 9日 -93.33
13日 -90.11
ボリンジャーバンド +2σ 4888.59
-2σ 4287
ストキャススロー S%D 45.52
%D 5.5
ストキャスファースト %K 0
%D 5.5
ボリュームレシオ 14日 26.98
移動平均乖離率 25日 -3.64 サイコロジカル 12日 33.33

トレンド分析

下降

トレンド系指標は、相場の方向性・強さを判断する指標で、中長期の分析・予測に使われます。トレンド転換時は内にまたはで表示されます。現在のトレンドはまたはで表示されます。

DMI MACD ゴールデンクロス
5日移動平均(位置) 5日移動平均(向き) 25日移動平均(位置)
25日移動平均(向き) パラボリック

チャート分析

酒田五法

酒田五法や一目均衡表などローソク足変化シグナル(当日示現のみ)は、内にまたはで表示されます。独自のHAL指数で高値圏、安値圏を判定し、実戦的なシグナルです。

十字足 はらみ十字 上ひげ・下ひげ
出会い線 三点童子 三点童子(安値・高値)
包み足 赤三兵・黒三兵 並び赤・並び黒
明けの明星・宵の明星 三役好転・三役逆転 雲上抜け・下抜け
転換線上抜け・下抜け 遅行線上抜け・下抜け 五陽連・五陰連

株式情報更新 (4月18日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方