株テーマ:藤井聡太の関連銘柄

2016年に史上最年少(14歳2か月)で四段昇段(プロ入り)、公式戦最多連勝記録(29連勝)を達成。史上最年少となる17歳11か月で初タイトルとなる棋聖となり、続いて王位を獲得、八段に昇格した国民的人気棋士。

ニンテンドースイッチの「藤井聡太の将棋トレーニング」を監修。サイバーエージェントのAbemaTV 将棋チャンネルの人気が急上昇。将棋の現役名人に勝利したポナンザを開発した

HEROZは「将棋ウォーズ」など、AIを活用した頭脳ゲームを開発している。エヌジェイ HDは、子会社のゲームスタジオが任天堂スイッチ向けに日本将棋連盟公認の「棋士・藤井聡太の将棋トレーニング」を提供。

スカパーJSAT HDはと囲碁・将棋チャンネルは、藤井聡太の出演した番組を無料放送した。9月22日開始の王将戦挑戦者決定リーグ戦全21局も独占生中継する。

第61期王位戦七番勝負の「封じ手」三点がヤフーオークションに出品され、入札金額はいずれも1000万円を超えている。7月の九州豪雨を受け、前王位の木村一基九段が発案したもので、収益は全額寄付される。封じ手3点のオークション価格は、9月15日14:00現在、それぞれ1302万円、3704万円、2501万円となっている。

2020年11月20日、藤井二冠は史上最年少の18歳4ヶ月で、公式戦通算200勝(40敗)を達成した。勝率は8割3分3厘。2021年2月10日には、順位戦B級2組を9戦全勝で突破し、上から二番目のB級1組への昇格を決めた。

藤井聡太は、高校を卒業する21年3月から不二家とサントリー食品インターナショナルと、広告契約を結ぶ。

藤井二冠は、名古屋大学教育学部附属高校に在学していたが、将棋に専念するため、3年生の2021年1月に自主退学した。

棋聖と王位のタイトル2期を保持していた藤井棋聖は棋聖防衛で3期となり、史上最年少の18歳11カ月での九段昇段を果たした。


藤井聡太棋士の最近の成績
2023年11月14日現在

公式戦
2023年度:46勝8敗(勝率 .852)
2022年度:53勝11敗(勝率 .828)

将棋の8大タイトルとスポンサー企業

将棋の8大タイトルとスポンサー企業

将棋界には、名人戦、竜王戦など、8つの大タイトル戦があります。これらのタイトル戦は、各企業の協賛によって運営されています。以下は、各タイトル戦とスポンサー企業の一覧です。

将棋の8大タイトルとスポンサー企業
タイトル スポンサー企業
名人戦 朝日新聞社
竜王戦 ヒューリック
王位戦 サントリー
棋聖戦 電通
王座戦 毎日新聞社
叡王戦 不二家
王将戦 スポーツニッポン新聞社
棋王戦 株式会社マイナビ

藤井聡太 関連銘柄

藤井聡太 関連テーマ

国民的人気
アカデミー賞 浅田真央 池江璃花子 石川遼 イチロー 大坂なおみ 大谷翔平 鬼滅の刃 佐々木朗希 呪術廻戦 スーパーマリオ スラムダンク 高梨沙羅 ドジャース ドラゴンボール 錦織圭 羽生結弦 半沢直樹 藤井聡太 本田圭佑

株式情報更新 (6月18日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方