株テーマ:光ファイバーの関連銘柄

電気信号を光に変えて、大容量のデータを送電する光ファイバー。2020年頃に5Gが導入される予定で、関連企業に商機が広がっている。5Gはデータの伝送速度が現行の4Gの100倍以上で、大容量通信に滴した光ファイバーの需要が拡大する見通し。また、2020年以降には世界的に光ファイバーの需要が伸びる見込みだという。

5Gでは、全国の基地局部品やサーバー、専用システムなどへの設備投資が2019年度にも開始される。基地局建設などの設備投資で第1幕、インフラが整えば様々なサービスが注目される第2幕となる。

政府は官民で光ファイバーの能力を高める研究や技術開発に着手。総務省が所管する情報通信研究機構(NICT)が光ファイバーの基礎技術研究を進める。民間とも連携し、数年内に大容量のデータ送信技術にめどをつける。

総務省は、5Gの基盤となる光ファイバー回線を全国的に維持する負担金制度を作ると報じられた。2020年春に有識者会議を立ち上げ、2021年夏までに制度案を固め、2022年の通常国会に電気津伸事業法改正案の提出を目指すとしている。2024年にも携帯電話を含むネット利用者から1契約あたり月数円を徴収し、不採算地域で光回線を持つ事業者に資金を交付。回線の補修や更新に充てる。

信越化学工業は、光ファイバーの主要材料を増産。180億円を投資し、日本では鹿島工場に新しい工場建屋を2018年に増設。2019年の稼働を目指し中国子会社の生産能力も倍増する。

古河電気工業は、最大100億円を投資し、光ファイバー製造拠点を増強。2018年度までに生産能力を2割増やす計画。

日東電工はプラスチック製光ファイバーを開発し、2021年3月期の量産化を目指している。通常はガラス製だが、プラスチック製は曲げやすく、通信速度も同等。高速大容量に向いているため、データセンター向けを想定している。

光ファイバー 関連銘柄

光ファイバー 関連テーマ

5G(第5世代移動通信システム)
5G注目株 機関投資家大量保有 MLCCの登場で搭載件数が飛躍的に増加 5G基地局:ミリ波対応フィルター 液晶ポリマー(LCP)は5Gの主力基板材料 5G基地局:5G仕様の標準化で設置加速 5G基地局:アンテナ 光ファイバー ファーウェイ、日本部品調達を拡大 ローカル5G

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方