株テーマ:AI翻訳(自動翻訳)の関連銘柄

●高精度の通訳システム 2020年に実用化計画
●会話の空白時間をなくす自動通訳ソフト 2025年の実用化を目指す
●AI翻訳関連銘柄はロゼッタやブロードバンドタワー、さくらインターネットなど

政府は人工知能(AI)を使った高精度の同時通訳システムを2020年までに実用化する計画で、2019年度までに100億円を投じる。スマートフォンのほか腕時計や小型スピーカーなどの活用を想定。観光地にある看板をスマホカメラで撮影するだけで、自動で多言語に翻訳して表示するアプリケーションの開発も同時に行うという。ビジネスや観光、医療で課題となる言葉の壁をなくす。

また、総務省と情報通信研究機構(NICT)は、2020年度から自動通訳ソフトの開発を目指す。現在の自動翻訳ソフトは人が話終えてから訳すため、会話中に空白時間ができるが、会話途中で訳し始めるソフト開発を目指す。日本語、英語、中国語など15言語に対応。2025年の実用化を目指す。

ロゼッタは、AIを使った機械翻訳を研究開発している。開発する「T-400」は、一般的な翻訳サイトに使われている翻訳エンジンとは異なり、専門分野ごとにAIを用いて翻訳エンジンを学習させることで、プロ翻訳者レベルの正確さを実現しているという。2000分野に細分化された専門分野のデータベースと、顧客が保有している文書で構築されたデータベースを組み合わせ、顧客向けにカスタマイズされた高精度の自動翻訳を提供する。2025年までに人間の翻訳者とほぼ同等の精度を持つ機械翻訳を完成させることを目標としている。また、T400のAI翻訳技術を音声認識・合成技術と組み合わせ、ウエアラブル翻訳デバイス「T-4PO」も開発する。

ブロードバンドタワーは、国立大学法人豊橋技術大学、日本マイクロソフトと協働し、2020年までに様々な言語による情報をリアルタイムに提供する翻訳サービスをインターネット上の様々なサービスで活用可能にすることを目指している。

さくらインターネットは、国立研究機関のディープラーニング翻訳プロジェクト向け基盤を提供している。ソースネクストは、AI通訳機「ポケトーク」を展開している。凸版印刷は、多言語音声翻訳アプリ「ボイスビズ」や「ジャパリンガル」などを提供している。

関連注目銘柄情報はこちら

AI翻訳(自動翻訳) 関連銘柄

AI翻訳(自動翻訳) 関連テーマ

AI(人工知能)が拓く未来
AIスピーカー AI翻訳(自動翻訳) AI開発 AI医療画像診断 AIチップ データサイエンティスト デジタルツイン

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方