株価予想

6182 ロゼッタ

2020年4月8日 株価
始値
2,052
高値
2,308
安値
1,974
終値
2,249
出来高
850,300
6182ロゼッタのチャート
オシレータ分析 トレンド分析 予想レンジ
オシレータ分析 中立 トレンド分析 上昇
予想高値
3,800
予想安値
660

6182 ロゼッタの投資戦略

6182 ロゼッタの株価は、オシレーター系指標では中立圏で推移しています。トレンド系指標は上昇トレンド継続中で、押し目買いゾーンです。オシレータ系指標は「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」を示すテクニカル指標の総称です。一定の範囲で動くため振り子系指標とも呼ばれます。RSIやストキャスティクスが代表的です。トレンドフォロー系指標は、株価が上がり続けると指標も上がり、下がり続けると指標も下がるタイプです。移動平均やMACDが代表的です。

6182 ロゼッタのテクニカル売買シグナル

株式売買シグナルが点灯しています。このページ下部のオシレーター分析、トレンド分析、チャート分析でご確認ください。オシレーター分析、チャート分析では変化点をキャッチした日に売り買いサインが点灯、トレンド分析では現在の方向を矢印で示します。

6182 ロゼッタの関連ニュース

  • 2020/03/23 16:34
    【注目銘柄】通期業績予想を開示 経常利益は30.5%増の4.4億円の見通し AI自動翻訳サービスの受注が大幅増加
    ロゼッタは開示していなかった通期業績予想を開示し、通期経常利益は4.4億円と発表した。前期の3.37億円から30.5%増となる見通し。AI自動翻訳サービス「T-400」で受注高が大幅に増加した。

    ロゼッタの株価は42円高の2027円で推移している。
  • 2020/01/14 17:06
    【決算】3-11月期経常利益は124.8%増 AI自動翻訳サービス「T-400」が好調
    ロゼッタの2020年3月期第3四半期(3-11月)の経常利益は124.8%増の4.03億円となった。通期業績予想は急成長期に入ったことから開示せず、過去最高利益である営業利益3.38億円以上を計画としている。

    AI自動翻訳サービス「T-400」の販売が好調に推移した。また、営業部門から管理部門まで全社的に大幅な増員を行い、今後の業容拡大に向けた組織体制の強化を行った。

    ロゼッタの株価は80円安の3955円で推移している。
  • 2019/10/21 17:18
    【注目銘柄】アプライド社とAI自動翻訳「T-400」で代理店契約
    ロゼッタは、2019年10月18日、アプライド社とAI自動翻訳サービス「T-400」の販売代理店契約を含む業務提携を締結したと発表した。

    アプライドは全国の大学・官公庁・企業の研究開発分野に向けてのコンピューター関連機器やソフトウェアの導入に取り組んでいる。アプライドが持つ文教市場と民間法人市場向けの販売網を活用し、「T-400」の導入拡大を図る。

    ロゼッタの株価は210円高の3660円で推移している。
  • 2019/10/16 19:41
    【決算】中間期経常利益は269.8%増 AI自動翻訳サービス「T-400」が好調
    ロゼッタの2020年2月期中間期経常利益は269.8%増の3.1億円となった。AI自動翻訳サービス「T-400」の販売が好調に推移した。また、営業部門から管理部門まで全社的に大幅な増員を行い、業容拡大に向けた組織体制強化に取り組んだ。

    ロゼッタの株価は700円安の3425円で推移している。
  • 2019/09/11 17:06
    【注目銘柄】ウエアラブル通訳デバイス「T-4PO」で飛鳥建設と共同開発
    ロゼッタは、2019年9月11日、飛鳥建設とウエアラブル通訳デバイス「T-4PO」の製品化に向けた共同研究開発契約を締結したと発表した。産業用スマートグラス「HMT-1」を活用。遠隔地にいる他の技術者とのタイムリーな情報共有。LOG・音声・テキスト・画像データの蓄積で、管理記録の作成などを簡素化。同時自動通訳機能を付加し、外国人技術者ともコミュニケーションが図れるという。

    また、建設現場に関する様々なビッグデータを蓄積。新たな安全面に必要な要因分析や技術者の会話内容、トラブル対応などを詳細に分析することで、AIの活用に生かすことを目指す。

    ロゼッタの株価は10円安の3285円で推移している。
  • 2019/09/06 17:12
    【注目銘柄】オリックスと業務提携 AI翻訳「T-400」の見込み顧客紹介で
    ロゼッタは、2019年9月6日、オリックスと業務提携すると発表した。オリックスが持つ日本全国の法人顧客ネットワークを活用。ロゼッタのAI翻訳「T-400」の見込み顧客をオリックスがロゼッタに紹介する。

    ロゼッタの株価は25円高の3335円で推移している。
  • 2019/08/16 07:49
    【注目銘柄】ウエアラブル通訳デバイスの開発子会社を設立
    ロゼッタは、2019年8月15日、ウエアラブル通訳デバイス「T-4PO」の開発子会社を設立すると発表した。「T-4PO」は、AI自動翻訳サービス「T-400」のAI翻訳技術を音声認識・合成技術と組み合わせ、ウエアラブル通訳デバイス、多機能ハンズフリーシステムとして開発する予定。様々な業種業界向けの用途を想定する。

    建設業界に向けた開発・サービスにフォーカスする会社として、建設関連会社の資本参加を想定し、子会社を設立する。

    ロゼッタの株価は170円安の3385円で推移している。
  • 2019/07/16 10:51
    【注目銘柄】超高精度のAI自動翻訳サービス「T-400」で、業績大幅向上
    ロゼッタは、超高精度のAI自動翻訳サービス「T-400」で、最大95%の正確さを誇り、2000分野に細分化された専門分野データベースと顧客が保有するデータベースを組み合わせ、高精度翻訳を実現する。3000以上の企業で導入されており、直近1年間の引き合いは5倍近くに急増している。2020年2月期の第1四半期にあたる3-5月売上は49.8%増の9億7500万円、営業利益は3.7倍の1億7000万円、純利益は3倍の1億1000万円と好スタートを切った。

    「T-400」は医薬品企業で受注が大幅に増加し、弁護士ドットコムとも業務提携。ダイワボウ情報システムと販売代理店契約を締結している。当面の間急成長が続きそうで、会社側は最低予想として、今期売上を29億円以上、営業利益を3億3800円以上とのみ開示している。第1四半期のロケットスタートを見ると、とてもその程度では収まりそうもなく、株価も中段保ち合いを上放れる公算が大きい。
  • 2019/07/13 00:34
    【決算】AI翻訳機が好調で3-5月期の経常利益は約3.7倍に
    ロゼッタの3-5月期の経常利益は268.6%増の1.7億円となった。AI翻訳「T-400」が2018年2月期第4四半期から急成長し、好調に推移した。

    2020年2月期営業利益は過去最高利益の3.38億円以上を計画する。AI翻訳「T-400」の開発・販売に拍車をかける。また、音声会話の機械翻訳への参入をテーマとし、ウェアブル通訳デバイス「T-4PO」のプロトタイプ又は何らかの形での前段階サービスの投入を目指す。

    ロゼッタの株価は180円安の3780円で推移している。
  • 2019/07/04 10:30
    【注目銘柄】超高精度のAI自動翻訳サービス「T-400」で、ダイワボウ情報システムと販売代理店契約を締結
    ロゼッタは、超高精度のAI自動翻訳サービス「T-400」で、ダイワボウ情報システムと販売代理店契約を締結した。T-400は最大95%の正確さを誇り、2000分野に細分化された専門分野データベースと顧客が保有するデータベースを組み合わせ、高精度翻訳を実現する。3000以上の企業で導入されており、直近1年間の引き合いは5倍近くに急増している。
  • 2019/06/12 09:16
    【注目銘柄】AI翻訳で武田薬品と共同開発を開始 株価も上昇
    ロゼッタは、2019年6月11日、武田薬品工業とAI翻訳の共同開発を開始すると発表した。外国語に関わる業務を効率化し、外注コストの削減に貢献するAI翻訳を提供する。

    ロゼッタの株価は270円高の3600円で推移している。
  • 2019/04/19 09:54
    【注目銘柄】7日振り反落も、AI翻訳「T-400」の販売増に期待
    ロゼッタの開発したAI翻訳「T-400」は、一般的な翻訳サイトに使われている翻訳エンジンとは異なり、専門分野ごとにAIを用いて翻訳エンジンを学習させることで、プロ翻訳者レベルの正確さを実現しているという。2000分野に細分化された専門分野のデータベースと、顧客が保有している文書で構築されたデータベースを組み合わせ、顧客向けにカスタマイズされた高精度の自動翻訳を提供する。2025年までに人間の翻訳者とほぼ同等の精度を持つ機械翻訳を完成させることを目標としている。

    東証は一部残留企業に四半期決算発表の英文開示も義務づける方向となっている。現在実施中の企業は3割程度で、企業の需要は大きい。ロゼッタはIRコンサルを展開する「フィナンテック」と業務提携し、「T-400」をフィナンテックのユーザー企業に拡販する。ロゼッタの「T-400」販売代理報酬は40%と高率で、提携企業は増えそうだ。ロゼッタの株価は245円安の4700円と7日振りに反落している。
  • 2019/04/12 17:40
    【決算】AI翻訳と音声会話の機械翻訳参入で過去最高益へ
    ロゼッタの2019年2月期営業利益は3.38億円となった。AI翻訳「T-400(ver.2)」が2017年11月のリリース以降、受注高の大幅な増加傾向が継続していることが寄与した。

    2020年2月期営業利益は過去最高利益の3.38億円以上を計画する。AI翻訳「T-400」の開発・販売に拍車をかける。また、音声会話の機械翻訳への参入をテーマとし、ウェアブル通訳デバイス「T-4PO」のプロトタイプ又は何らかの形での前段階サービスの投入を目指す。

    AI翻訳事業の利益は1.24億円。前期の▲3.04億円から大幅に改善した。2017年11月「T-400(ver.2)」のリリース以降、受注高の大幅な増加傾向が継続していることが寄与した。人間による翻訳などの受託事業の利益は55.4%増の2.58億円となった。

オシレータ分析

中立

オシレータ系指標は、相場の強弱動向を表した指標で、日々の市場の値動きから、株価の水準とは無関係に売り・買いを探ります。
売買シグナルは 内にまたはで表示されます。

RSI 9日 66.8 RCI 9日 11.67
13日 -30.22
ボリンジャーバンド +2σ 4516.34
-2σ 1315.62
ストキャススロー S%D 12.18
%D 24.11
ストキャスファースト %K 100
%D 24.11
ボリュームレシオ 14日 49.2
移動平均乖離率 25日 2.44 サイコロジカル 12日 50

トレンド分析

上昇

トレンド系指標は、相場の方向性・強さを判断する指標で、中長期の分析・予測に使われます。トレンド転換時は内にまたはで表示されます。現在のトレンドはまたはで表示されます。

DMI MACD ゴールデンクロス
5日移動平均(位置) 5日移動平均(向き) 25日移動平均(位置)
25日移動平均(向き) パラボリック

チャート分析

酒田五法

酒田五法や一目均衡表などローソク足変化シグナル(当日示現のみ)は、内にまたはで表示されます。独自のHAL指数で高値圏、安値圏を判定し、実戦的なシグナルです。

十字足 はらみ十字 上ひげ・下ひげ
出会い線 三点童子 三点童子(安値・高値)
包み足 赤三兵・黒三兵 並び赤・並び黒
明けの明星・宵の明星 三役好転・三役逆転 雲上抜け・下抜け
転換線上抜け・下抜け 遅行線上抜け・下抜け 五陽連・五陰連

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方