株テーマ:CASE(ケース) コネクテッドカーの関連銘柄

コネクテッドカー(つながるクルマ)は、単に自動車がインターネットにつながるだけでなく、車両の状態や周囲の道路状況などの様々なデータをセンサーにより取得し、利用者の利便性を高めることになる。カーナビが普及する日本では、クルマのネット接続は実用化されており、ルート案内や渋滞情報を提供している。詳細な地図データや周辺情報といったビッグデータを駆使して、自動運転が実現する社会も遠からず訪れる。自動運転はコネクテッドカーの延長技術であり、自動車業界、通信業界を始め、様々な業界を変革する可能性を秘めている。通信分野では、車両データーを収集する「テレマティクス」、高精度3次元地図による「自動運転」や「情報セキュリティ」が重要となる。

AI(人工知能)、ダイナミックマップ(高精度3次元地図)、情報セキュリティと銘柄が重複することが多く、各項目も参照されたい。アズジェントは、イスラエルの「カランバセキュリティ社」のコネクテッドカーやIoT機器をサイバー攻撃から防ぐ機器を取り扱う。ブレインパッドとネクスグループはコネクテッドカービジネスのためのプラットフォーム構築で協業する。ブロードバンドタワーは、アストンマーティンとコネクテッドカーを含む車やサービスに関する新しいサービス開発で提携。デンソーとNECは自動運転や先進運転支援システムで提携し、コネクテッドカーの実現を目指す。

CASE(ケース)とは、コネクテッド(Connected)、自動運転(Autonomous)、カーシェアリング(Shared&Services)、電気自動車(Electric)の頭文字をとったもの。自動車各社は車載ソフトウェア開発者の確保のため、人材の確保に注力する。

コネクテッド(つながるクルマ)は、単に自動車がインターネットにつながるだけでなく、車両の状態や周囲の道路状況などの様々なデータをセンサーにより取得し、利用者の利便性を高めることになる。

自動運転は、先行車をセンサーやカメラで認識し、自動ブレーキをかけたり、車線変更する次世代技術。カメラやレーダーによって取り込まれた情報から道路の白線や障害物・先行車や歩行者などを検知する。

カーシェアリングでは、企業の経費削減や、若者の車離れで、一台の車を複数の会員で利用するケースが増加。個人会員は月会費を支払い、ケータイやパソコンで空車を検索して利用する。

電気自動車は、電気をエネルギーとし、モーターを動力源として走行する電気自動車(EV)。内燃機関を持たないことから、走行中に二酸化炭素や排気ガスを排出しない。排ガスによる大気汚染問題や地球温暖化対策への関心の高まりを背景に、EVが注目を集めている。

コネクテッドカー 関連銘柄

コネクテッドカー 関連テーマ

CASE(ケース)
コネクテッドカー カーシェアリング

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方