株テーマ:自動運転車 画像処理チップの関連銘柄

東芝は画像認識半導体で衝突回避システムへの採用を狙う。色から標識を認識できることが特徴。ルネサスは車載向け半導体で実績ナンバーワンで、自動運転時代のリアルタイム画像処理を可能にする内蔵SRAMを開発した。

自動運転車は、先行車をセンサーやカメラで認識し、自動ブレーキをかけたり、車線変更する次世代技術。カメラやレーダーによって取り込まれた情報から道路の白線や障害物・先行車や歩行者などを検知する。自動車メーカーは2020年を目処に開発中で、政府は遠隔操作による無人運転車を2020年までに実用化、2025年までに完全な無人運転の実用化を目指している。ITを搭載した車をスマートカーと総称する。電子部品各社はスマホの汎用化で利益が出にくくなり、高収益の見込めるスマートカー向け部品にシフトしている。米IHSオートモーティブによると、自動運転車は2030年前後から急速に普及し始める見通し。2035年には自動運転車の販売台数が1180万台と世界の自動車販売の約10%を占める見通し。自動運転車の動作メカニズムは、センサーなどのハードと人工知能のソフトに分けられる。センサーとしては、GPS、ミリ波レーダー、ビデオ・カメラ、レーザー・レーダーなどがある。

アセットアライブ投資レポートでは、最新情報や詳細情報が取得できます

画像処理チップ 関連銘柄

画像処理チップ 関連テーマ

自動運転車
画像処理チップ 自動ブレーキ 電子ミラー センサー・カメラ ZMP ダイナミックマップ レーダー

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方