株テーマ:有機EL 有機EL材料の関連銘柄

最も重要なものは発光材(電子輸送層、発光層、正孔輸送層)。中国パネル大手BOEが1兆6000億円を投資し、有機ELの量産準備をしているが、日本は素材の多くを抑えている。有機ELパネルは積層構造となっており、電流を流すと発光するシステムになっている。プラスの電子を運ぶ正孔輸送材、マイナスの電気を運ぶ電子輸送材が仲介し、真ん中の発光層で光を発生させる仕組み。

[AD]
保土谷化学は、韓国のサムスンモバイルディスプレーと業務提携しており、韓国子会社の新工場も稼働した。中心は、6層構造の内、正孔輸送層に使われる「正孔輸送材」で、サムスンに加えLG電子との取引も睨んでいる。出光興産は韓国LG化学と、有機EL材料に関する特許の相互利用で提携しており、両社が協力してLGディスプレイの事業をサポートする。日本写真印刷は、有機EL向けのタッチパネル部材を手掛ける。

「メタルマスク」は基板を実装する場合に使用する治具の事で、発光材料を基板に蒸着させる。大日本印刷は印刷技術を応用し、メタルマスクなど有機EL部材に注力している。韓国サムスン電子に供給し、世界シェアはトップと見られる。

有機EL(エレクトロルミネッセンス)。自ら発光することで、薄型化、消費電力の上で、液晶、プラズマを凌ぐ事が期待されている分野。東大とシャープは、紙のように折り曲がる有機ELで世界最速の有機トランジスタを開発し、次世代有機ELディスプレイに道を拓いた。

2016年の液晶パネル出荷額は世界で9兆7500億円、有機ELパネルは、1兆7500億円となっている。有機 EL パネルの生産技術は複雑で、量産化に成功しているのは韓国サムスンディスプレーと、LGディスプレイの2社のみ。現在では有機 EL パネルのほとんどがスマホ向けのため、サムスンの世界シェアが圧倒的になっている。

ジャパンディスプレイは、産業革新機構が出資し、パナソニック、ソニーの中小型液晶パネル事業を統合した。2018年に有機 ELパネルの量産化を目指している。2017年12月、JOLED(ジェイオーレッド)が印刷方式による有機ELパネルを世界で初めて製品化し、出荷を開始した。JOLEDはパナソニックとソニーの有機EL事業を統合し、産業革新企業がリードしたジャパンディスプレイとは兄弟会社の関係にある。4月にサンプル出荷を開始し、ソニーの医療用モニターへの採用が決まった。印刷方式は現在主流の蒸着方式に比べて生産工程が簡素化され、多様な画面サイズが期待される。

アップルの2019年に発売するiPhoneに有機ELを全面採用との報道ソースは、韓国のエレクトロニック・タイムズと判明。ロイターやブルームバーグは引用報道に留まり、アップルからは事実確認が取れていないとしている。これまでは20年以降と見られていたが、19年となるとジャパンディスプレイやシャープの有機ELパネル量産は間に合わない。アップルはほぼ全量を韓国サムスンからの供給に頼っており、水面下では韓国LG電子が20%供給するとの噂もある。

アセットアライブ投資レポートでは、最新情報や詳細情報が取得できます

有機EL材料 関連銘柄

有機EL材料 関連テーマ

有機EL
有機EL照明 インクジェット法 有機EL製造装置 ディスプレー保護フィルム 透明電極 有機EL材料 有機ELパネル 次世代化学材料評価技術研究組合

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方