銘柄診断

3694 オプティム

3694オプティムのチャート
オシレータ分析 トレンド分析 予想レンジ
オシレータ分析 中立 トレンド分析 下降
予想高値
2,600
予想安値
2,400

3694 オプティムの投資戦略

3694 オプティムの株価は、オシレーター系指標では中立圏で推移しています。トレンド系指標は下降トレンド継続中で、戻り売りゾーンです。オシレータ系指標は「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」を示すテクニカル指標の総称です。一定の範囲で動くため振り子系指標とも呼ばれます。RSIやストキャスティクスが代表的です。トレンドフォロー系指標は、株価が上がり続けると指標も上がり、下がり続けると指標も下がるタイプです。移動平均やMACDが代表的です。

3694 オプティムのテクニカル売買シグナル

株式売買シグナルが点灯しています。このページ下部のオシレーター分析、トレンド分析、チャート分析でご確認ください。オシレーター分析、チャート分析では変化点をキャッチした日に売り買いサインが点灯、トレンド分析では現在の方向を矢印で示します。

3694 オプティムの関連ニュース

  • 2017/11/20 15:05
    【銘柄情報】米企業買収でAI、IoT、ロボット事業を加速化
    オプティムは、2017年11月20日、テレパシー・グローバルを子会社化すると発表した。完了は2017年11月21日。

    テレパシー・グローバルは、米ナスダックに上場するシリコンバレーの有力ベンチャーキャピタルであるSVVCの支援のもと、日米欧におけるスマートグラスやIoTセンサーなど各種IoT関連ハードウェアの開発や導入、サービスの立ち上げを支援してきた。

    オプティムは、テレパシー・グローバルが持つハードウェア開発力やグローバルマーケティングのノウハウを取り込み、AI、IoT、ロボット事業の加速化を図る。

  • 2017/07/19 10:51
    【銘柄情報】新プラットフォーム「ランドログ」を開発
    コマツ、NTTドコモ、SAPジャパンと共同で、建設業務で土・機械・材料などのあらゆる「モノ」をつなぐ新プラットフォーム「ランドログ」を開発する。コマツが建設現場向けに展開するソリューション事業「スマートコンストラクション」では、施工現場毎の建設プロセス情報の収集、蓄積、解析と、データ活用で生産性を向上する二層構造となっている。ランドログは建設生産プロセス全体を包含する新プラットフォームで、コマツは一部機能を委譲し、生産性だけでなく、安全性も向上させる。
  • 2017/02/14 17:22
    【株式分割】1株→2株に分割。基準日は3月31日

オシレータ分析

中立

オシレータ系指標は、相場の強弱動向を表した指標で、日々の市場の値動きから、株価の水準とは無関係に売り・買いを探ります。
売買シグナルは 内にまたはで表示されます。

RSI 9日 29.11 RCI 9日 -58.33
13日 -85.71
ボリンジャーバンド +2σ 2759.93
-2σ 2474.78
ストキャススロー S%D 27.58
%D 13.11
ストキャスファースト %K 28.57
%D 13.11
ボリュームレシオ 14日 28.98
移動平均乖離率 25日 -2.19 サイコロジカル 12日 25

トレンド分析

下降

トレンド系指標は、相場の方向性・強さを判断する指標で、中長期の分析・予測に使われます。トレンド転換時は内にまたはで表示されます。現在のトレンドはまたはで表示されます。

DMI MACD ゴールデンクロス
5日移動平均(位置) 5日移動平均(向き) 25日移動平均(位置)
25日移動平均(向き) パラボリック

チャート分析

酒田五法

酒田五法や一目均衡表などローソク足変化シグナル(当日示現のみ)は、内にまたはで表示されます。独自のHAL指数で高値圏、安値圏を判定し、実戦的なシグナルです。

十字足 はらみ十字 上ひげ・下ひげ
出会い線 三点童子 三点童子(安値・高値)
包み足 赤三兵・黒三兵 並び赤・並び黒
明けの明星・宵の明星 三役好転・三役逆転 雲上抜け・下抜け
転換線上抜け・下抜け 遅行線上抜け・下抜け 五陽連・五陰連

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方