株価予想

2160 ジーエヌアイグループ

2160ジーエヌアイグループのチャート
オシレータ分析 トレンド分析 予想レンジ
オシレータ分析 中立 トレンド分析 上昇
予想高値
3,500
予想安値
3,000

2160 ジーエヌアイグループの投資戦略

2160 ジーエヌアイグループの株価は、オシレーター系指標では中立圏で推移しています。トレンド系指標は上昇トレンド継続中で、押し目買いゾーンです。オシレータ系指標は「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」を示すテクニカル指標の総称です。一定の範囲で動くため振り子系指標とも呼ばれます。RSIやストキャスティクスが代表的です。トレンドフォロー系指標は、株価が上がり続けると指標も上がり、下がり続けると指標も下がるタイプです。移動平均やMACDが代表的です。

2160 ジーエヌアイグループのテクニカル売買シグナル

株式売買シグナルが点灯しています。このページ下部のオシレーター分析、トレンド分析、チャート分析でご確認ください。オシレーター分析、チャート分析では変化点をキャッチした日に売り買いサインが点灯、トレンド分析では現在の方向を矢印で示します。

2160 ジーエヌアイグループの関連ニュース

  • 2018/06/15 15:34
    【銘柄情報】全世界で承認された治療法のないCTD-ILDの一種である皮膚筋炎を適応症とした治験を開始。CTD-ILDとは?
    ジーエヌアイグループは、「アイスーリュイ」で中国における結合組織疾患を伴う間接性疾患(CTD-ILD)の一種である皮膚筋炎を適応症とした第3相臨床試験において、患者への投与を開始したと発表した。2019年半ばまでに被験者登録が完了する見込み。さらに、後にはCTD-ILDの別の種類である強皮症を適応症とした第3相臨床試験も計画されている。

    全世界でもCTD-ILDについて承認された治療法がないため、アイスーリュイがCTD-ILD治療薬として承認された場合には、中国におけるアイスーリュイの市場拡大に寄与するとしている。

    CTD-ILDとは、結合組織疾患(CTD)を持つ患者の肺が、炎症および繊維症、又はいずれか一方の症状を引き起こす状態のことを指す。CTDは、すべての体細胞の支持構造体である結合組織の障害で、典型的な症状は肺などの体内の複数の臓器や組織の炎症など。間接性肺疾患(ILD)は、CTDに伴う最も重篤な肺の合併症で、死に至る疾患。

オシレータ分析

中立

オシレータ系指標は、相場の強弱動向を表した指標で、日々の市場の値動きから、株価の水準とは無関係に売り・買いを探ります。
売買シグナルは 内にまたはで表示されます。

RSI 9日 40.52 RCI 9日 31.67
13日 20.33
ボリンジャーバンド +2σ 3572.27
-2σ 2960.77
ストキャススロー S%D 37.9
%D 39.81
ストキャスファースト %K 95.56
%D 39.81
ボリュームレシオ 14日 58.42
移動平均乖離率 25日 0.51 サイコロジカル 12日 58.33

トレンド分析

上昇

トレンド系指標は、相場の方向性・強さを判断する指標で、中長期の分析・予測に使われます。トレンド転換時は内にまたはで表示されます。現在のトレンドはまたはで表示されます。

DMI MACD ゴールデンクロス
5日移動平均(位置) 5日移動平均(向き) 25日移動平均(位置)
25日移動平均(向き) パラボリック

チャート分析

酒田五法

酒田五法や一目均衡表などローソク足変化シグナル(当日示現のみ)は、内にまたはで表示されます。独自のHAL指数で高値圏、安値圏を判定し、実戦的なシグナルです。

十字足 はらみ十字 上ひげ・下ひげ
出会い線 三点童子 三点童子(安値・高値)
包み足 赤三兵・黒三兵 並び赤・並び黒
明けの明星・宵の明星 三役好転・三役逆転 雲上抜け・下抜け
転換線上抜け・下抜け 遅行線上抜け・下抜け 五陽連・五陰連

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方