注目銘柄

    TSMC(台湾積体電路製造)は、AI関連株の中でも最も魅力的な投資先
    TSMC(台湾積体電路製造)は現在、AI関連株の中でも最も魅力的な投資先の一つである。その理由はいくつかある。

    まず、TSMCは割安なバリュエーションで取引されている。現在、TSMCの株価は過去1年間の利益の31倍で評価されている。これに対して、Nvidiaの株価は過去1年間の利益の71倍で取引されている。Nvidiaの目覚ましい成長を考慮すると、予想P/E倍率は45倍まで下がるが、それでもTSMCは26倍の予想P/E倍率で取引されており、依然としてNvidiaよりも割安である。

    さらに、TSMCの戦略的な位置づけがその価値を高めている。TSMCは世界最大の半導体ファウンドリーであり、AIチップの設計において重要な役割を果たしている。特に、Nvidiaが設計するAIチップの主要な製造業者であるTSMCは、同社の売上に大きく寄与している。実際、NvidiaはTSMCのチップの2番目の大口顧客であり、2023年にはTSMCの売上高の11%を占めている。

    このような背景から、Nvidiaの成長と成功に直接関与するTSMCは、AIブームの恩恵を享受する立場にある。割安なバリュエーションと、AI市場での重要な役割を担うTSMCは、投資家にとって魅力的な投資先となる要因である。






株式情報更新 (6月18日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方