株テーマ:シェアリング・エコノミー カーシェアリングの関連銘柄

企業の経費削減や、若者の車離れで、一台の車を複数の会員で利用するケースが増加。個人会員は月会費を支払い、ケータイやパソコンで空車を検索して利用する。レンタカーよりも割安で、新規参入事業者が増えている。独フォルクスワーゲンも参入を表明。森ビルは六本木ヒルズを拠点に展開。

日産自動車はEV(電動車)のみを貸し出す「e-シェアモビ」を開始、18年度に拠点を500カ所まで拡大する。トヨタはモビリティサービスの新会社を設立し、法人向け自動車リースやレンタカーだけでなく、車を保有しないシェアビジネスも展開する。また駐車場「タイムズ」を展開するパーク24とカーシェアのデータ収集で業務提携した。

シェアリング・エコノミー関連株。スマホを利用したシェアサービスが拡大し、シェアリングエコノミーという言葉も生まれてきた。世界では一般のドライバーが客を運ぶライドシェアで米ウーバーや、ホテルや民泊を仲介する米エアビーアンドビーが急成長している。日本では法律でライドシェアが規制され、民泊新法で届け出が必要となるなど、世界に遅れをとっているが、カーシェアリングやシェアハウスは確実に成長している。シェアリング・エコノミーは2025年には約3350億ドル規模に成長すると見られている。

カーシェアリング 関連銘柄

カーシェアリング 関連テーマ

シェアリング・エコノミー
空き駐車場シェア カーシェアリング サブスクリプション シェアオフィス シェアサイクル(自転車) シェアリングエコノミー協会

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方