株テーマ:AR/VR(日本はVR先進国) VR電子部品の関連銘柄

VR(仮想現実)端末は、2021年に8120万台の出荷が予想される成長分野。利用者の動作を検知する加速度センサーやジャイロセンサーの性能が悪いと、車酔いのような症状を示すこともあり、電子部品各社が技術開発を急いでいる。ロームは高感度の磁気センサーをを開発中で、スマホの電子コンパスセンサーを応用するほか、電源ICも手掛ける。TDKも加速度センサーやジャイロセンサーを開発する。アルプスは電気信号を動力に変えるアクチュエイターでコントローラー搭載を目指す。日本電産はVR用端末に精密モーターを供給している。

米フェイスブックは200ドルを切るVR端末「オキュラス・ゴー」を2018年に発売すると発表した。安価でコンピューターとの連動が不要なゴーグル型で、普及に拍車がかかりそうだ。ゲームだけでなく新たな体験ツールとして販売することを重視している。

AR(Augmented Reality)は拡張現実と訳され、コンピューターを利用して、現実の世界に情報を重ねる。ヘッドマウントディスプレイを使って、現実の風景に説明文を入れたりすることが出来、iPhoneではセカイカメラで利用できる。一方VR(Virtual Reality)は仮想現実と訳され、同じくヘッドマウントディスプレイを使うが、コンピューターで仮想世界を構築することがARと異なる。2016年通年のAR/VRヘッドセットの世界出荷台数は1010万台。2021年には9940万台になると予測され、2016年~2021年の平均成長率は58%となる見通し。

AR/VRは建物の設計図や人間の器官などのデータを表示し、作業者はそれらを見ながら作業ができる。また、実際の作業前に変更や手順をイメージすることができるため、生産性を高めることが期待される。ゲームでは、プレイヤーが宇宙空間や戦場にいるかのような感覚を与え、現在のテレビ画面やスマートフォンでの体験を遙かに超える。快適なソファにいながらコンサートやスポーツイベントに参加しているような体験もできる。

VR電子部品 関連銘柄

VR電子部品 関連テーマ

AR/VR(日本はVR先進国)
HMD AR・VR VRゲーム VR電子部品 ヘッドホン

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方