株テーマ: AR・VR・MR(複合現実)の関連銘柄

AR(Augmented Reality)は拡張現実と訳され、コンピューターを利用して、現実の世界に情報を重ねる。ヘッドマウントディスプレイを使って、現実の風景に説明文を入れたりすることが出来、iPhoneではセカイカメラで利用できる。一方VR(Virtual Reality)は仮想現実と訳され、同じくヘッドマウントディスプレイを使うが、コンピューターで仮想世界を構築することがARと異なる。2016年通年のAR/VRヘッドセットの世界出荷台数は1010万台。2021年には9940万台になると予測され、2016年~2021年の平均成長率は58%となる見通し。

AR/VRは建物の設計図や人間の器官などのデータを表示し、作業者はそれらを見ながら作業ができる。また、実際の作業前に変更や手順をイメージすることができるため、生産性を高めることが期待される。

介護士育成用などの教育教材へのVR活用やVRとAIを組み合わせてVR空間での工場作業や会議の行動などから職業の適正診断に活用する動きも出てきた。

ゲームでは、プレイヤーが宇宙空間や戦場にいるかのような感覚を与え、現在のテレビ画面やスマートフォンでの体験を遙かに超える。快適なソファにいながらコンサートやスポーツイベントに参加しているような体験もできる。

ARとVRを融合した「MR(複合現実)」と呼ぶ技術も登場している。

関連注目銘柄情報はこちら

AR・VR・MR(複合現実) 関連テーマ

AR・VR・MR(複合現実)
AR・VR注目株=今週のベスト5 HMD AR・VR MR(複合現実) VRゲーム VR電子部品

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方