株テーマ:アップル:5G対応の新型iPhoneの関連銘柄

●アップルにまつわる発表や噂

・2020年10月27日、Apple Silicon MacとApple Glass発表の噂

・アップルの2020年4-6月売上は596億ドルで、一株利益も市場予想を上回った。時間外取引で5.7%上昇している。なお8月末に1株を4株に分割することも発表した。

・アップルは、27インチパソコン「iMac」をビデオ会議サービスに対応するよう内蔵カメラやマイクを改良、CPUの性能も高めた。2020年8月4日からアップルストアなどで販売する。日本での価格は、19万4800円から。

・新しいmacOS「macOS Big Sur」のパブリックベータを公開、2020年秋から正式に提供する

・アップルは米国内の270店舗中120店舗を新型コロナで再閉鎖しているが、8月末から少数の店舗を再開する予定


・アップルは2020年9月15日にイベントを開催する。
ウエアラブル端末の「Apple Watch SE」を発表したものの、5G対応iPhoneの発表は見送られた。複数のサブスクリプション(定額制)サービスをまとめた「アップルワン」を発表している。

・アップルは2020年10月13日に特別イベントを開催すると発表した。iPhoneシリーズの発表が確実視されている。

・アップルはAIスピーカーの新製品「ホームボッド・ミニ」を発表した。99ドルの低価格で、アマゾンやグーグルを追撃する。

・アップルは、11月10日午前10時(日本時間11日午前3時)からオンラインで特別イベントを開く。自社開発したCPU「アップルシリコン」を初て搭載するパソコンMacの新機種を発表すると見られている。

・アップルは、有料アプリ開発者に課している30%の配信手数料で、中小事業者向けを2021年1月から15%にすると発表した。対象は、アプリ販売額合計が100万ドル(約1億400万円)以下で、大半の企業や個人が恩恵を受ける。




iPodやiPhoneで携帯端末機市場を席巻。シャープはアップル・スマートフォン向けに中小型液晶パネルラインを1000億円で新設。これまでアップル向けにはi-Podパネルを供給してきた。東芝もアップル向け液晶パネルを増産する。アップル製品の多くは台湾のEMS(電子機器の受託生産会社)が生産しているため、日本の工作機械メーカーへの引き合いも強い。

アップル:5G対応の新型iPhone 関連テーマ

アップル:5G対応の新型iPhone
iPad iPhone12 iPhone「X」 工作機械 周辺部品

株式情報更新 (9月27日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方