株テーマ:愛知県次世代バッテリーに関する研究会の関連銘柄

愛知県は、トヨタ自動車や日本ガイシ、名古屋大学など15社・団体で構成する「愛知県次世代バッテリーに関する研究会」を設立したと発表した。デンソーや日本特殊陶業、パナソニックエナジー、古河電池なども参画する。愛知県は、トヨタ自動車やデンソーなどの自動車メーカーをはじめ、日本ガイシや三菱ケミカルなど、次世代バッテリーの開発に取り組む企業が集積する地域である。

次世代バッテリーの中心である蓄電池市場の国内総生産額は、2020年から2021年は約23パーセントの伸び、2021年から2022年は約17パーセントの伸びで、1兆984億円(2022年)と急速に成長している。蓄電池の世界市場の規模は2050年には100兆円まで拡大するとみられる。愛知県は、来年10月に利用開始を予定しているスタートアップの支援の拠点「STATION Ai」と連携しながら、次世代バッテリーの開発や生産の一大拠点を目指す。

愛知県次世代バッテリーに関する研究会 関連銘柄

愛知県次世代バッテリーに関する研究会 関連テーマ

次世代電池
愛知県次世代バッテリーに関する研究会 亜鉛電池 イオン液体リチウム二次電池 LFP電池 革新型蓄電池共同開発 リチウム空気電池 クレイ型リチウムイオン電池 シリコンキャパシター 全樹脂電池 電気二重層キャパシタ ナトリウムイオン電池 大容量ニッケル水素電池 バイポーラ型蓄電池 フルオライドイオン電池 分子クラスター電池 マグネシウム電池 溶融塩電解液電池 リチウム硫黄電池 リチウムイオンキャパシタ

株式情報更新 (5月24日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方