株テーマ:バイオ がんゲノム医療の関連銘柄

がんゲノム医療が本格化する。遺伝子情報を元に最適な薬剤や治療法を決定する方法で、がん遺伝子パネル検査の保険診療もスタートする。2019年6月に厚労省はがんゲノム医療への公的保険適用を決めた。米国では既に普及しているが、がんを引き起こす遺伝子変異を探し、対応する薬剤を投与すれば、効果的にがんを抑制することができる。

パネル検査ではシスメックスが取り扱う「NCCオンコパネル」、中外製薬が扱う「ファウンデーション・ワン」が全国の中核拠点病院で診察を受けられるようになる。ただし検査をしても最適な治療薬に繋がるケースは1-2割程度で、さらに精度を高める必要がある。

コニカミノルタは遺伝子やたんぱく質の分析を通じてカスタマイズ型の医療を支援する新会社を設立し、遺伝タイプの発がんリスクを予想するサービスを計画している。遺伝子分析サービスはDeNA子会社のDeNAライフサイエンスが大手。ソフトバンクグループも遺伝子検査の米ガーダント・ヘルスに400億円を出資した。

バイオテクノロジーは、バイオメトリックス、バイオディーゼルなど、医療以外でも注目分野。バイオベンチャー企業も多数。

関連注目銘柄情報はこちら

がんゲノム医療 関連銘柄

がんゲノム医療 関連テーマ

バイオ
がんゲノム医療 希少疾患 ゲノム編集 遺伝子解析サービス 新薬開発支援 テーラーメイド医療 バイオチップ バイオベンチャー

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方