株テーマ:バイオ がんゲノム医療の関連銘柄

がんゲノム医療が本格化する。遺伝子情報を元に最適な薬剤や治療法を決定する方法で、がん遺伝子パネル検査の保険診療もスタートする。米国では既に普及しているが、がんを引き起こす遺伝子変異を探し、対応する薬剤を投与すれば、効果的にがんを抑制することが出来る。パネル検査ではシスメックスが取り扱う「NCCオンコパネル」、中外製薬の扱う「ファウンデーション・ワン」が、全国の中核拠点病院で診療を受けられるようになる。

コニカミノルタは遺伝子やたんぱく質の分析を通じてカスタマイズ型の医療を支援する新会社を設立し、遺伝タイプの発がんリスクを予想するサービスを計画している。遺伝子分析サービスはDeNA子会社のDeNAライフサイエンスが大手。ソフトバンクグループも遺伝子検査の米ガーダント・ヘルスに400億円を出資した。

2019年6月、コニカミノルタ、東京大学、国立がん研究センターは、世界最高峰の次世代包括的がん遺伝子パネル検査の共同開発を開始すると発表した。コニカミノルタは日本のがんゲノム医療体制の推進に本格的に参入。共同研究で開発した遺伝子パネル検査を日本で実施するため、国内での商用ラボの構築に取り組み、国内完結型遺伝子解析サービスの提供を目指すとしている。

日本では2019年6月に国の保険でがんゲノム医療が始まる。厚労省は、がんゲノム医療への公的保険適用を決めた。がん患者の遺伝子から最適な治療薬を選ぶことで、「がん遺伝子パネル検査」が対象となり、2019年6月1日から適用する。シスメックスと中外製薬の検査が薬事承認されており、保険適用で普及が進みそうだ。ただし検査をしても最適な治療薬に繋がるケースは1-2割程度で、さらに精度を高める必要がある。

2019年6月、慶応大学は一般的な遺伝子検査の100倍を超える数の遺伝子を迅速に解析する技術を開発した。2万個に及ぶヒトの遺伝子全てを従来より大幅に短い4週間で解析する。保険が利かないため、100万円程度かかるが、圧倒的に精度が高く、慶応大学と連携する全国の病院で提供を始める。

バイオテクノロジーは、バイオメトリックス、バイオディーゼルなど、医療以外でも注目分野。バイオベンチャー企業も多数。

がんゲノム医療 関連銘柄

がんゲノム医療 関連テーマ

バイオ
がんゲノム医療 希少疾患 ゲノム編集 遺伝子解析サービス 新薬開発支援 テーラーメイド医療 バイオチップ バイオベンチャー

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方