株価予想

2397 DNAチップ研究所

2397DNAチップ研究所のチャート
オシレータ分析 トレンド分析 予想レンジ
オシレータ分析 中立 トレンド分析 上昇
予想高値
780
予想安値
670

2397 DNAチップ研究所の投資戦略

2397 DNAチップ研究所の株価は、オシレーター系指標では中立圏で推移しています。トレンド系指標は上昇トレンド継続中で、押し目買いゾーンです。オシレータ系指標は「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」を示すテクニカル指標の総称です。一定の範囲で動くため振り子系指標とも呼ばれます。RSIやストキャスティクスが代表的です。トレンドフォロー系指標は、株価が上がり続けると指標も上がり、下がり続けると指標も下がるタイプです。移動平均やMACDが代表的です。

2397 DNAチップ研究所のテクニカル売買シグナル

株式売買シグナルが点灯しています。このページ下部のオシレーター分析、トレンド分析、チャート分析でご確認ください。オシレーター分析、チャート分析では変化点をキャッチした日に売り買いサインが点灯、トレンド分析では現在の方向を矢印で示します。

2397 DNAチップ研究所の関連ニュース

  • 2019/04/18 17:55
    【注目銘柄】血液を用いた肺がんの遺伝子検査「EGFR-NGS Check」の薬事承認・保険収載で『目途がつきつつある状況となっている』
    DNAチップ研究所の2019年3月期の経常利益は▲1.03億円だった。

    DNAチップ研究所が最優先事項として取り組んでいる、血液を用いた肺がんの遺伝子変異検査を行う「EGFR-NGS Check」の薬事承認・保険収載について、第3四半期時点までは「現在この検査の薬事承認、保険収載を目指した活動を行っています」との記載から、2019年3月期決算では「現在、薬事申請に目途がつきつつある状況となっている」と記載された。

    今後は、「EGFR-NGS Check」に続く、次世代シークエンサーを使用した新たな診断検査メニューの開発を進めるとしている。
  • 2019/03/06 11:28
    【注目銘柄】変形性膝関節に軟骨細胞シートの有用性を証明
    DNAチップ研究所は、2019年3月5日、東海大学などとの共同研究チームと変形性膝関節に対する自己軟骨細胞シート移植の有用性を明らかにしたと発表した。患者本人の細胞から作製した自己軟骨細胞シートを患者に移植。全8症例で安全性及び臨床病状の改善と硝子軟骨での修復再生を確認できたとしている。

    DNAチップ研究所は、手術前の細胞シートのメッセンジャーRNAを解析することで、移植後の自己細胞シートの有効性を予測する遺伝子マーカー候補の同定に貢献したとしている。

    変形性膝関節症は、膝の軟骨がすり減ることで慢性炎症や変形が起こり、痛みや晴れを伴う症状。国内で2500万人以上、有症病者は800万人と推定されている。

オシレータ分析

中立

オシレータ系指標は、相場の強弱動向を表した指標で、日々の市場の値動きから、株価の水準とは無関係に売り・買いを探ります。
売買シグナルは 内にまたはで表示されます。

RSI 9日 63.22 RCI 9日 56.67
13日 82.55
ボリンジャーバンド +2σ 801.2
-2σ 681.76
ストキャススロー S%D 44.03
%D 62.5
ストキャスファースト %K 61.29
%D 62.5
ボリュームレシオ 14日 22.74
移動平均乖離率 25日 0.89 サイコロジカル 12日 50

トレンド分析

上昇

トレンド系指標は、相場の方向性・強さを判断する指標で、中長期の分析・予測に使われます。トレンド転換時は内にまたはで表示されます。現在のトレンドはまたはで表示されます。

DMI MACD ゴールデンクロス
5日移動平均(位置) 5日移動平均(向き) 25日移動平均(位置)
25日移動平均(向き) パラボリック

チャート分析

酒田五法

酒田五法や一目均衡表などローソク足変化シグナル(当日示現のみ)は、内にまたはで表示されます。独自のHAL指数で高値圏、安値圏を判定し、実戦的なシグナルです。

十字足 はらみ十字 上ひげ・下ひげ
出会い線 三点童子 三点童子(安値・高値)
包み足 赤三兵・黒三兵 並び赤・並び黒
明けの明星・宵の明星 三役好転・三役逆転 雲上抜け・下抜け
転換線上抜け・下抜け 遅行線上抜け・下抜け 五陽連・五陰連

株価予想

この銘柄の株価は

上がる 下がる

予想株価

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方