株価予想

4183 三井化学

2022年8月10日 株価
始値
2,863
高値
2,909
安値
2,850
終値
2,904
出来高
816,700
4183三井化学のチャート
オシレータ分析 トレンド分析 予想レンジ
オシレータ分析 中立 トレンド分析 上昇
予想高値
3,200
予想安値
2,600

4183 三井化学の投資戦略

4183 三井化学の株価は、オシレーター系指標では中立圏で推移しています。トレンド系指標は上昇トレンド継続中で、押し目買いゾーンです。オシレータ系指標は「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」を示すテクニカル指標の総称です。一定の範囲で動くため振り子系指標とも呼ばれます。RSIやストキャスティクスが代表的です。トレンドフォロー系指標は、株価が上がり続けると指標も上がり、下がり続けると指標も下がるタイプです。移動平均やMACDが代表的です。

4183 三井化学のテクニカル売買シグナル

株式売買シグナルが点灯しています。このページ下部のオシレーター分析、トレンド分析、チャート分析でご確認ください。オシレーター分析、チャート分析では変化点をキャッチした日に売り買いサインが点灯、トレンド分析では現在の方向を矢印で示します。

4183 三井化学の関連ニュース

  • 2022/07/12 10:30
    酸素供給効率200倍の細胞培養ツール開発
    三井化学は、世界唯一の樹脂「TPX」(ポリメチルペンテン)の高い酸素透過性を生かした新たな細胞培養ツール「InnoCell(イノセル:高酸素透過性培養容器」を開発した。「TPX」は、プラスチック素材の中で、最も高いレベルの酸素透過性をもち、従来の培養プレートに比べ、培養容器底面からの酸素供給を約200倍も効率的に細胞に供給することが可能となった。再生医療研究や創薬開発研究にも応用可能として、2022年度末を目標に市場投入する予定。

    三井化学は幹細胞の高密度大量培養に向けた高機能不織布の共同開発でフルステム社と提携しており、幹細胞高密度大量培養装置「Achieva-CS」での大量培養でも再生医療への参入を目指している。
  • 2022/06/14 10:44
    体外診断用医薬品の製造・販売事業に参入
    三井化学は、2023年に体外診断用医薬品の製造・販売事業に参入する。ライフ&ヘルスケア部門では、4月から歯科材料事業が事業部に格上げされ、利益成長を追求する。整形外科領域でも日本MDMに30%出資し、事業領域を拡大している。歯科用セメント材や修復材など、樹脂技術を応用した新製品も投入する。さらに敗血症を迅速に診断できる遺伝子検査薬の薬事申請を予定しており、ライフ&ヘルスケア部門を売上高数百億円へ育成する。

    2023年3月期純利益は1000億円、コア営業利益は1400億円を計画している。2025年度にはコア営業利益2500億円を目指し、新規事業に積極投資する。
  • 2022/05/23 10:38
    透明樹脂「アペル」でVR(仮想現実)用途で本格採用を目指す
    三井化学は、透明樹脂「アペル」でVR(仮想現実)用途で本格採用を目指すほか、車載センサー分野や医療用途で新たな市場を開拓する。アペルは、三井化学が独自に開発した多機能な透明樹脂で、ポリオレフィン樹脂と非結晶性樹脂の性能を融合させた、環状オレフィンコポリマー。光学プラスチックレンズ用途のほか、食品用包装材、医療用包装材としても採用されている。

    高屈折率のため、車載カメラレンズやヘッドアップディスプレイ用部材などAR・VRデバイス用光学部材としても優れている。これまでの主力はスマートフォンのカメラレンズ向けだが、今夏から大阪工場の新ラインが商業生産に入るため、用途拡大を急ぐ。
  • 2022/03/10 10:49
    【業務提携】核酸APIを高品質かつ大量に製造可能とするナティアスと提携
    三井化学は、核酸APIの液相合成技術を保有するスタートアップ企業のナティアス(旧四国核酸化学)と資本業務提携提携する。成長戦略の第一の柱として「ライフ&ヘルスケアソリューション」事業を掲げており、M&Aや社外提携による新規参入領域獲得の一環。核酸APIを高品質かつ大量に製造可能とするナティアスの液相合成技術と、三井化学の精密有機合成技術を活用し、核酸原料・中間体製造事業及び核酸医薬CDMO事業を立ち上げる。

    ナティアスは、核酸医薬CDMO事業で、GMP製造拠点整備により基礎研究から臨床研究、承認後まで対応可能な体制を構築している。核酸医薬品の適応疾患は、主に遺伝性の希少疾患だが、将来的にはがんなどの一般的な疾患の適応も期待されている。

オシレータ分析

中立

オシレータ系指標は、相場の強弱動向を表した指標で、日々の市場の値動きから、株価の水準とは無関係に売り・買いを探ります。
売買シグナルは 内にまたはで表示されます。

RSI 9日 71.62 RCI 9日 78.33
13日 43.41
ボリンジャーバンド +2σ 3282.88
-2σ 2611.42
ストキャススロー S%D 71.17
%D 72.84
ストキャスファースト %K 100
%D 72.84
ボリュームレシオ 14日 65.4
移動平均乖離率 25日 3.17 サイコロジカル 12日 58.33

トレンド分析

上昇

トレンド系指標は、相場の方向性・強さを判断する指標で、中長期の分析・予測に使われます。トレンド転換時は内にまたはで表示されます。現在のトレンドはまたはで表示されます。

DMI MACD ゴールデンクロス
5日移動平均(位置) 5日移動平均(向き) 25日移動平均(位置)
25日移動平均(向き) パラボリック

チャート分析

酒田五法

酒田五法や一目均衡表などローソク足変化シグナル(当日示現のみ)は、内にまたはで表示されます。独自のHAL指数で高値圏、安値圏を判定し、実戦的なシグナルです。

十字足 はらみ十字 上ひげ・下ひげ
出会い線 三点童子 三点童子(安値・高値)
包み足 赤三兵・黒三兵 並び赤・並び黒
明けの明星・宵の明星 三役好転・三役逆転 雲上抜け・下抜け
転換線上抜け・下抜け 遅行線上抜け・下抜け 五陽連・五陰連

株式情報更新 (8月10日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方