株テーマ:iPS細胞 ヘリオス(加齢黄斑変性)の関連銘柄

ヘリオスは旧日本網膜研究所で、iPS細胞をヒトに移植する臨床試験で使用する「網膜細胞シート」を作製。大日本住友製薬、新日本科学などが出資している。テラはiPS 細胞を用いたがん免疫細胞療法の開発で業務提携。ヘリオスは理化学研究所認定ベンチャーとして設立され、iPS細胞から分化誘導した網膜細胞による「加齢黄斑変性」の新たな治療法につき、世界で第一号の承認取得を目指している。2015年6月16日にマザーズへ上場した。

2019年4月18日、理研が他人から作ったiPS細胞で、目の難病である加齢黄斑変性での、術後1年の経過を発表した。5人の患者に移植したが、1人に軽い拒絶反応があったものの、細胞のがん化も見られず、安全性が確認できた。高橋プロジェクトリーダーは、安全性を確認する目標は達成されたと述べ、今後は治療の実用化に向けた企業の治験が始まる予定。iPS細胞による加齢黄斑変性の治療では、ヘリオスが早期治験開始を目指している。

iPS細胞は、京都大学山中伸弥教授が世界で初めて開発した。2012年10月8日に山中教授はノーベル生理学・医学賞を受賞。様々な細胞への分化が可能で、再生医療・創薬への応用が期待されている。政府は日本版NHIを創設。官民共同で7000億円の基金を募り、がん治療、iPS創薬などの開発を加速する。

経済産業省は、再生医療製品の世界市場規模が2012年の1000億円から2025年には38.4兆円に、国内の再生医療市場規模が2012年の90億円から2050年には2.5兆円に拡大すると試算しており、大きな成長が期待できる。

ヘリオス(加齢黄斑変性) 関連銘柄

ヘリオス(加齢黄斑変性) 関連テーマ

iPS細胞
iPSポータル 血小板 ES細胞・iPS細胞試薬 iPS細胞 iPS細胞培養装置 ヘリオス(加齢黄斑変性)

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方