株テーマ:仮想発電所(VPP)の関連銘柄

仮想発電所=VPP(バーチャル・パワー・プラント)関連株


小規模で点在する太陽光発電や風力発電設備と蓄電池を一括制御し、1つの発電所のように機能させる仮想発電所(VPP)。再生可能エネルギーの出力が増えて電気が余った場合に蓄電池に充電したり、供給が不足した場合に蓄電池から放出するなど、需要側で需給を調整。天候などによって出力が変わる再生可能エネルギーの供給を安定させる環境を整える。本格化は2021年度以降とされ、2030年度には1兆6000億円規模の市場になると予測されている。

経済産業省は、2020年にVPPの免許制を盛り込んだ電気事業法の改正案の提出を目指している。

サニックスや東光高岳は、経済産業省の「需要家側エネルギーリソースを活用したVPP構築実証事業」に採択。

リミックスポイントは、2018年11月に住宅用再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)の契約期限切れにより発生する大量の余剰電力を集約し、活用する新たなサービスの策定を開始。VPPを構築し、一般家庭や電力需要家、太陽光発電メーカーなどを巻き込んだエネルギーコンソーシアムを構築し、新たなエネルギービジネスの創出を目指す。

TISは、2018年11月にVPP事業の立ち上げを支援するサービス「エネLink VPP+」を提供開始。

ローソンと三菱商事は共同で2018年10月にVPPに参入すると発表。AIを活用した電力需要予測システムと店舗設備遠隔制御システムを活用。電力の需給バランスのコントロールと電力調達コストの削減につなげ、一部を需要家に還元するモデルを構築する。

ディー・エヌ・エーはゲーム向けAIを応用し、再生エネルギーの発電量を予測し、需給を調整することで、仮想発電所市場への参入を目指している。

東芝は、独VPP大手のネクストクラフトベルケと提携し、新会社を設立して、2022年にも全国の再生エネルギーを買い取り、卸売りする仮想発電所事業に参入する。2030年には400億円の売上を目指す。

仮想発電所(VPP) 関連銘柄

仮想発電所(VPP) 関連テーマ

再生可能エネルギー
再エネ注目株 RE100 海水揚水発電 海藻燃料ガス発電 海洋温度差発電 海流発電 仮想発電所(VPP) 家庭用燃料電池 小水力発電 石炭火力発電 石炭液化 石炭ガス化発電 蓄電池 地熱発電 熱電発電 バイオマス発電 レーザー核融合発電

株式情報更新 (4月22日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方