株テーマ:バイオ ゲノム編集の関連銘柄

ゲノム編集は最先端の遺伝子改変技術。内閣府の生命倫理専門調査会は、基礎研究に限って、ヒト受精卵のゲノム編集を認めた。特定の能力を高めた人間や、希望通りの容姿が作れるとされており、倫理面での制約は多いが、一方で難病治療への期待も高まっている。基礎研究では受精卵が育つ段階で、遺伝子を観察し、その後は確実に廃棄することが条件。

厚生労働省は、ゲノム編集した食品は、従来の品種改良と同じとして、安全審査なしで届け出による流通を2019年夏にも解禁する方針。健康に効果のある野菜や果物の登場が期待されるが、ハウス食品グループ本社など大手は、消費者に受け入れがたいとして、消極的な姿勢をみせている。遺伝子組み換えでは外部の遺伝子を取り入れる手法で安全性に不安があるが、ゲノム編集は対象作物の遺伝子自体を改変するため、安全性が高い。

タカラバイオは2019年12月に新たな研究・製造設備を稼働。再生医療等製品の製造やゲノム編集などの受託サービス・研究開発業務を行う。

ヘリオスは2016年4月、細胞や遺伝子治療を目的としたゲノム編集技術を用いて再生医療品を開発する米ユニバーサルセル社と共同研究契約を締結。ユニバーサルセル社の万能ドナー幹細胞で免疫拒絶反応を抑えたiPS細胞を作成。iPS細胞から分化誘導した細胞で再生医療等製品の開発を目指す。

リプロセルは2018年10月にGenAhead社とiPS細胞ゲノム編集サービスを開始すると発表。リプロセルの独自技術「SNIPER」とGenAheadの高いゲノム編集技術を組み合わせ、高精度のゲノム編集iPS細胞を提供する。

アンジェスは、2019年3月、現在ゲノム編集で課題となっている「オフターゲット効果」の低減化を含む、新たなゲノム編集技術の開発を行っている米Enendo社に投資した。アイロムグループは基盤技術であるセンダイウイルスベクターを用いた方法で、過度な染色体切断を抑える、遺伝子修復操作で使用したベクターを細胞内に残さない、ゲノムにやさしい技術を開発した。

アイロムグループは、2019年3月27日、CRISPR-Cas9法の課題を克服する安全なゲノム編集法の新規技術を開発したと発表した。

バイオテクノロジーは、バイオメトリックス、バイオディーゼルなど、医療以外でも注目分野。バイオベンチャー企業も多数。

ゲノム編集 関連銘柄

ゲノム編集 関連テーマ

バイオ
がんゲノム医療 希少疾患 ゲノム編集 新薬開発支援 テーラーメイド医療 バイオチップ バイオベンチャー

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方