株価予想

4978 リプロセル

4978リプロセルのチャート
オシレータ分析 トレンド分析 予想レンジ
オシレータ分析 中立 トレンド分析 下降
予想高値
240
予想安値
190

4978 リプロセルの投資戦略

4978 リプロセルの株価は、オシレーター系指標では中立圏で推移しています。トレンド系指標は下降トレンド継続中で、戻り売りゾーンです。オシレータ系指標は「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」を示すテクニカル指標の総称です。一定の範囲で動くため振り子系指標とも呼ばれます。RSIやストキャスティクスが代表的です。トレンドフォロー系指標は、株価が上がり続けると指標も上がり、下がり続けると指標も下がるタイプです。移動平均やMACDが代表的です。

4978 リプロセルのテクニカル売買シグナル

株式売買シグナルが点灯しています。このページ下部のオシレーター分析、トレンド分析、チャート分析でご確認ください。オシレーター分析、チャート分析では変化点をキャッチした日に売り買いサインが点灯、トレンド分析では現在の方向を矢印で示します。

4978 リプロセルの関連ニュース

  • 2019/05/14 21:37
    【決算】20年3月期は「受注拡大」「ステムカイマル」「iPS神経グリア細胞」
    リプロセルの2019年3月期経常利益は▲6.27億円となった。研究支援事業の利益は前期の▲1.73億円から0.85億円となった。18年4月に遺伝子解析を大量かつ高速で行う次世代シーケンシング受託ビジネスを開始。10月には遺伝子改変サービスを開始。ヒトiPS細胞由来の感覚神経細胞の開発にも成功し、受託製造サービスを開始した。

    メディカル事業の利益は前期の▲0.07億円から▲0.23億円となった。体性幹細胞製品「ステムカイマル」では治験計画届の審査が終了し、日本で第2相臨床試験の実施が可能に。治験を実施する医療機関と契約締結に向けた準備を進める。中枢神経系疾患に対するiPS細胞再生医薬製品として開発する「iPS神経グリア細胞製品」では、18年4月に米Qセラ社と合弁会社を設立。12月には湘南ヘルスイノベーションパークに入居。前臨床試験を実施する計画。

    2020年3月期経常利益は▲6.87億円を計画する。売上高は31.8%増の14.34億円を計画する一方、ステムカイマルの治験費用やiPS神経グリア細胞製品の研究開発費を計上する。

    メディカル事業では、日本、米国、欧州、インドの4拠点で受注を拡大。「ステムカイマル」では日本で第2相臨床試験に向けた準備を進める。「iPS神経グリア細胞」では、日本で横断性脊髄炎及び筋萎縮性側索硬化症(ALS)を対象とした早期の臨床試験開始を目指す。iPS細胞では、医療機関及び再生医療企業にライセンスする臨床用細胞をバンキングするビジネスを計画する。なお、新株予約権の発行で13.83億円を調達。iPS細胞由来神経グリア細胞への開発費に充当する。

    リプロセルの株価は2円安の238円で推移している。
  • 2018/12/26 14:44
    【注目銘柄】再生医療製品「ステムカイマル」が希少疾病用再生医療製品に指定
    リプロセルは、2018年12月25日、再生医療製品「ステムカイマル」が厚生労働省による大臣承認を経て「希少疾病用再生医療製品」に指定されたと発表した。今後、日本では第2相臨床試験を実施する。

    ステムカイマルは、脊髄小脳疾病症の症状の進行抑制効果が期待される。

    脊髄小脳失調症は、脊髄小脳変性症に分類される疾患。小脳や脳幹、脊髄の神経細胞が変性してしまうことにより、徐々に歩行障害や嚥下障害などの運動失調が現れ、日常生活が不自由となってしまう原因不明の希少疾患。
  • 2018/10/10 15:32
    【注目銘柄】リプロセル iPS細胞ゲノム編集サービスを開始
    リプロセルは、2018年10月9日、GenAhead社と次世代CRISPR/Cas9技術「SNIPER」を活用したゲノム編集サービスを開始すると発表した。

    GenAheadは、最先端のゲノム編集技術であるCRISPR/Cas9システムとリプロセル開発の独自技術「SNIPER」を組み合わせ、高効率かつ高精度のゲノム編集を行うことができる。

    リプロセルの最先端iPS細胞作製技術とGenAheadの高いゲノム編集技術を組み合わせることにより、既存技術では提供が難しかった高精度のゲノム編集iPS細胞を提供する。
  • 2018/08/17 14:54
    【注目銘柄】再生医療製品であるiPS細胞由来神経グリア細胞への開発費として資金調達
    再生医療製品であるiPS細胞由来神経グリア細胞への開発費の充当を目的として、EVO FUNDを割当先とした第14回新株予約権の発行を行い、2018年8月に権利行使が完了。約13億円の資金調達を実施した。

    iPS細胞由来神経グリア細胞製品は、RNAリプログラミング技術より作成したiPS細胞から神経グリア細胞を作成し、中枢神経系疾患に対するiPS細胞再生医療製品として開発している。横断性脊髄炎及び筋萎縮性側索硬化症(ALS)を対象疾患としてスタート。将来的には脊髄損傷、多発性硬化症、パーキンソン病など、他の中枢神経疾患への適用拡大を目指す。

オシレータ分析

中立

オシレータ系指標は、相場の強弱動向を表した指標で、日々の市場の値動きから、株価の水準とは無関係に売り・買いを探ります。
売買シグナルは 内にまたはで表示されます。

RSI 9日 56.67 RCI 9日 -31.67
13日 44.51
ボリンジャーバンド +2σ 257.7
-2σ 204.3
ストキャススロー S%D 39.97
%D 62.79
ストキャスファースト %K 0
%D 62.79
ボリュームレシオ 14日 57.8
移動平均乖離率 25日 -3.48 サイコロジカル 12日 58.33

トレンド分析

下降

トレンド系指標は、相場の方向性・強さを判断する指標で、中長期の分析・予測に使われます。トレンド転換時は内にまたはで表示されます。現在のトレンドはまたはで表示されます。

DMI MACD ゴールデンクロス
5日移動平均(位置) 5日移動平均(向き) 25日移動平均(位置)
25日移動平均(向き) パラボリック

チャート分析

酒田五法

酒田五法や一目均衡表などローソク足変化シグナル(当日示現のみ)は、内にまたはで表示されます。独自のHAL指数で高値圏、安値圏を判定し、実戦的なシグナルです。

十字足 はらみ十字 上ひげ・下ひげ
出会い線 三点童子 三点童子(安値・高値)
包み足 赤三兵・黒三兵 並び赤・並び黒
明けの明星・宵の明星 三役好転・三役逆転 雲上抜け・下抜け
転換線上抜け・下抜け 遅行線上抜け・下抜け 五陽連・五陰連

株価予想

この銘柄の株価は

上がる 下がる

予想株価

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方