株価予想

4564 オンコセラピー・サイエンス

2020年7月3日 株価
始値
124
高値
131
安値
123
終値
131
出来高
4,545,400
4564オンコセラピー・サイエンスのチャート
オシレータ分析 トレンド分析 予想レンジ
オシレータ分析 中立 トレンド分析 下降
予想高値
150
予想安値
110

4564 オンコセラピー・サイエンスの投資戦略

4564 オンコセラピー・サイエンスの株価は、オシレーター系指標では中立圏で推移しています。トレンド系指標は下降トレンド継続中で、戻り売りゾーンです。オシレータ系指標は「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」を示すテクニカル指標の総称です。一定の範囲で動くため振り子系指標とも呼ばれます。RSIやストキャスティクスが代表的です。トレンドフォロー系指標は、株価が上がり続けると指標も上がり、下がり続けると指標も下がるタイプです。移動平均やMACDが代表的です。

4564 オンコセラピー・サイエンスの関連ニュース

  • 2020/05/07 20:15
    【決算】20年3月期経常利益は▲22億円(前期は▲29億円)
    オンコセラピー・サイエンスの2020年3月期経常利益は▲22億円となった(前期は▲29億円)。医薬品候補物質の基礎研究や創薬研究開発、低分子医薬やがんペプチドワクチン、抗体医薬での臨床開発進展などで費用を計上した。

    低分子医薬において、がん幹細胞の維持に重要な分子であるMELKを標的とした「OTS167」では、急性骨髄性白血病に対する第1/2相臨床試験を、乳がんに対する第1相臨床試験を米国で実施している。

    がんペプチドワクチンにおいて、塩野義製薬にライセンスアウトしているがん特異的ペプチドワクチン「S-588410」では、食道がんを対象とした第3相臨床試験、膀胱がんを対象とした日欧での第2相臨床試験を完了。頭蓋部がんを対象とした欧州での第1/2相臨床試験と固形がんを対象とした英国での第1相臨床試験を実施している。

    抗体医薬において、がん治療用抗体医薬「OTSA101」では、日本で滑膜肉腫に対する第1相臨床試験を実施している。
  • 2020/01/21 08:55
    【注目銘柄】「OTSA101」滑膜肉腫に対する第1相臨床試験で第1例目の投与を開始
    オンコセラピー・サイエンスは、2020年1月21日、開発中のがん治療用抗体医薬「OTSA101」で日本国内における滑膜肉腫に対する第1相臨床試験で第1例目の投与を開始したと発表した。

    OTSA101は腫瘍に特的に集積する抗体に放射線同位元素を結合し、腫瘍特異的に放射線照射をすることでがん治療効果を発揮する放射免疫法。欧州医薬品庁(EMA)と米国食品医薬品局(FDA)から軟部肉腫に対するオーファンドラッグ(希少疾病用医薬品)に指定されている。

    オンコセラピー・サイエンスの株価は1円安の108円で推移している。
  • 2020/01/16 14:10
    【注目銘柄】がん特性ペプチドワクチン「S-588410」でマイルストーンが発生 株価も上昇
    オンコセラピー・サイエンスは、2020年1月16日、塩野義製薬にライセンスアウトしているがん特異的ペプチドワクチン「S-588410」の食道がんを対象とした第3相臨床試験で、試験進歩に伴うマイルストーンが発生したことを確認したと発表した。マイルストーンは2020年3月期第4四半期に事業収益として計上される。

    オンコセラピー・サイエンスの株価は3円高の86円で推移している。
  • 2019/12/23 12:37
    【注目銘柄】がん治療用ペプチドワクチンでノーベルファーマとライセンス契約
    オンコセラピー・サイエンスは、2019年12月23日、ノーベルファーマとライセンス契約を締結したと発表した。オンコセラピーのがん治療用ペプチドワクチンで日本におけるオプション権付の独占的な開発・製造・販売権をノーベルファーマに供与する。オンコセラピーは契約締結に伴う契約一時金とマイルストーン、上市後のロイヤリティを受け取る。

    オンコセラピー・サイエンスの株価は1円高の86円で推移している。

オシレータ分析

中立

オシレータ系指標は、相場の強弱動向を表した指標で、日々の市場の値動きから、株価の水準とは無関係に売り・買いを探ります。
売買シグナルは 内にまたはで表示されます。

RSI 9日 15.49 RCI 9日 -91.67
13日 -63.32
ボリンジャーバンド +2σ 195.92
-2σ 47.53
ストキャススロー S%D 43.41
%D 20.58
ストキャスファースト %K 10
%D 20.58
ボリュームレシオ 14日 39.62
移動平均乖離率 25日 -15.11 サイコロジカル 12日 41.67

トレンド分析

下降

トレンド系指標は、相場の方向性・強さを判断する指標で、中長期の分析・予測に使われます。トレンド転換時は内にまたはで表示されます。現在のトレンドはまたはで表示されます。

DMI MACD ゴールデンクロス
5日移動平均(位置) 5日移動平均(向き) 25日移動平均(位置)
25日移動平均(向き) パラボリック

チャート分析

酒田五法

酒田五法や一目均衡表などローソク足変化シグナル(当日示現のみ)は、内にまたはで表示されます。独自のHAL指数で高値圏、安値圏を判定し、実戦的なシグナルです。

十字足 はらみ十字 上ひげ・下ひげ
出会い線 三点童子 三点童子(安値・高値)
包み足 赤三兵・黒三兵 並び赤・並び黒
明けの明星・宵の明星 三役好転・三役逆転 雲上抜け・下抜け
転換線上抜け・下抜け 遅行線上抜け・下抜け 五陽連・五陰連

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方