株テーマ:ロボット(医療・福祉) 介護・福祉ロボットの関連銘柄

介護・福祉に役立つ先端機器(介護ロボット)。認知症見守りロボットも開発事例が多い。安川電機は、介護ベッドと車いす間の移乗を手助けする「移乗アシスト装置」が、経済産業省とテクノエイド協会が実施する「ロボット介護推進プロジェクト」に採択された。ウィズは、ピップと医療介護ロボットの新会社を設立。富士機械製造は高齢者支援の介護ロボットを開発。日本精工は病院などの不慣れな施設で、視覚障がい者や高齢者などを障害物を回避して目的地まで誘導する「ガイダンスロボット LIGHBOT(ライボット)」を開発している。厚労省は2018年度の介護報酬改定で介護ロボットの施設導入を支援する。テクノスジャパンは見守り介護ロボット「ケアロボ」を製造。新東工業は豊橋技科大と夜会循環用介護ロボットを開発した。

CYBERDYNE(サイバーダイン)は、ロボットスーツHAL医療用を米国に輸出するために、米国食品医薬品局(FDA)に対して、医療機器承認を取得するため申請を提出し、現在審査中。川重は医療ロボット「MC004N」、「MS005N」を開発。安川電機は、医療やバイオ研究分野における試薬や検体の分析前処理作業向けロボット。HOYAはロボット技術を用いた低侵襲手術支援システム「MASTER(マスター)」を開発するシンガポールのベンチャー企業に出資。 川崎重工業とシスメックスは、医療用ロボット開発に向けたマーケティング会社「メディカロイド(Medicaroid)」を共同で設立している。トヨタやホンダは、リハビリのための歩行アシストロボットを実用化している。

アセットアライブ投資レポートでは、最新情報や詳細情報が取得できます

介護・福祉ロボット 関連銘柄

介護・福祉ロボット 関連テーマ

ロボット(医療・福祉)
移乗介助ロボット 介護・福祉ロボット コミュニケーションロボット サービスロボット 装着型ロボット 見守りセンサー リハビリ・歩行支援ロボット

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方