株テーマ:PM2.5 空気清浄機の関連銘柄

中国でPM2.5による大気汚染が深刻化し、国内空気清浄機メーカーに商機が訪れている。中国国内の空気清浄機需要は年間100万台と見られ、オランダのフィリップスが首位。日本メーカーもシェア4割を握る。日本製は高性能で、中国専用機器も誕生し、各社とも増産体制を敷いている。

中国の大気汚染物質「PM2.5」で国内でも基準値を超えるケースが続出。黄砂シーズンに入り、深刻化している。PM2.5とは、浮遊粒子状物質の中で粒径2.5マイクロメートル以下の小さな粒子のこと。肺などの呼吸器の奥深くまで入り込みやすいことから、国家検定合格の防じんマスク(粒子捕集効率95%以上)が推奨されている。中国北京では大気汚染が深刻化しており、2015年12月8日に大気汚染に関連した4段階の警報のうち、最も深刻な「赤色警報」が発令された。

アセットアライブ投資レポートでは、最新情報や詳細情報が取得できます

空気清浄機 関連銘柄

空気清浄機 関連テーマ

PM2.5
PM2.5フィルター PM2.5観測装置 空気清浄機 防塵マスク 黄砂

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方