注目銘柄

    今日の上方修正銘柄(7月28日発表)
    *数字は経常利益


    ■7月28日発表

    ・7201日産自動車
    0→1500億円 *営業利益

    為替の前提を変更し800億円の改善、米国を中心とした良好な市場環境から収益性の改善が進み1050億円の改善、原材料価格の高騰などから追加リスクを織り込み350億円の悪化を見込む。


    ・4751サイバーエージェント
    575~625億円→1000億円

    ゲーム事業で提供を開始した新規タイトルが大きく貢献。一部新型コロナの影響を受けながらも、広告事業の業績動向が想定以上で推移している。


    ・4985アース製薬
    115億円→124億円 +7.8%

    虫ケア用品が高い需要を維持。入浴剤など暮らしに快適さをプラスする日用品が想定以上となった。


    ・6459大和冷機工業
    25億円→31億円 +24.8% *中間期

    卸商品の販売が堅調に推移したことから増益となる見通し。


    ・6857アドバンテスト
    850億円→1000億円 +17.6%

    最終製品需要の拡大基調と半導体需要の拡大、半導体不足解消のための能力増強投資が継続する見通しから増益となる見通し。


    ・7250太平洋工業
    115億円→140億円 +21.7%

    最新の各国の新型コロナ感染拡大状況や規制状況、顧客の生産情報などから第2四半期以降は年度末に向けて緩やかに上向くと想定し上方修正。


    ・7740タムロン
    23億円→37億円 +63% *中間期

    レンズ交換式カメラや交換レンズの販売が想定以上に推移し、増益となる見通し。


    ・3663アートスパークホールディングス
    8.77億円→13.45億円 +53.4%

    イラスト・マンガアニメーション作成アプリ「CLIP STUDIO PAINT」がインターネット上での全世界に向けたプロモーション効果により堅調に推移し、増益となる見通し。


    ・4186東京応化工業
    167億円→198億円 +18.6%

    半導体の需要増加でアジアを中心に半導体フォトレジスト半導体製造の後工程に用いられる高密度実装材料などが好調に推移している。


    ■7月27日発表

    ・7211三菱自動車工業
    260億円→360億円 +38.5%

    費用の抑制や為替影響の好転を反映し、増益に修正した。


    ・7826フルヤ金属
    80億円→105億円 +32%

    一部貴金属価格が想定以上で推移。ケミカルセグメントの有機EL向け化合物、電極向け貴金属化合物の受注が好調などから増益となる見通し。

    フルヤ金属の経常利益は2019年6月期が44億円、2020年6月期が37億円で推移。2021年6月期は上方修正で105億円と大幅増益となる見通し。


    ・7309シマノ
    1095億円→1286億円 +17.4%

    新型コロナウイルス感染拡大下で自転車・釣りへの関心が高まり、主要市場である欧米、新興国市場での販売が好調に推移している。


    ■7月26日発表

    ・3132マクニカ・富士エレ ホールディングス
    200億円→250億円 +25%

    半導体及び電子デバイスその他事業は、半導体への設備投資や5G、データセンター、自動車の電動化など様々な需要増加が見込まれ好調に推移。ネットワーク事業では、クラウドの利活用の加速を背景に関連商品の導入が進むことから好調に推移する見通し。


    ・5659日本精線
    35億円→42億円 +20%

    ステンレス鋼線が自動車関連や建材用途向けで好調で想定以上。粗利増加や操業度損圧縮の効果も寄与し、増益となる見通し。


    ・3635コーエーテクモ
    160億円→210億円 +31.3% *中間期

    パッケージゲームでは「仁王2 Complete Edition」、スマホゲームでは「三國志覇道」などが好調。投資有価証券売却益も計画以上で増益となる見通し。

株式情報更新 (7月28日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方