株テーマ:新型コロナワクチン接種の関連銘柄

厚生労働省は予防接種法の臨時接種に関する特例を設けており、市町村に準備を促しているが、現在確保している冷凍庫はマイナス75度用を3000台、マイナス20度用を7500台で、保冷ボックス用のドライアイスは国で一括調達する予定となっている。冷凍庫は市町村に対して最低1台割り当てと心許ない。

ワクチン接種の実務についてはファイザーワクチンの場合、21日間隔で2回接種することになっている。一度に接種会場に配送される最小の数量は975回分で、室温で融解後、接種前に生理食塩液で希釈後、室温で6時間が消費期限と言われる。医療機関では、ドライアイス又は超低温冷凍庫で保管するが、医療機関でのドライアイス保管は10日程度が限度とされており、10日で975回の接種が必要となる。

平時には、医療機関からの発注を受けて卸業者がワクチンを納品しているが、今回は針・シリンジを含めて卸業者を設定してトップダウンで行う予定。ワクチン接種円滑化システム(V-SYS)はあるが、これは接種できる医療機関の情報だけで、接種には様々な困難が予想される。

新型コロナワクチン接種 関連テーマ

新型コロナワクチン接種
注射器:特殊注射器が不足 ワクチンコールドチェーン ワクチン接種管理 ワクチン輸送

株式情報更新 (4月21日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方